CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - モデル  >  Fusion 360 コマンド解説 - 挿入  >  Fusion 360 コマンド解説 – SVGを挿入

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[挿入] – [SVGを挿入]

SVG形式のファイルをインポートするコマンドです。SVGファイルはIllustratorなどで作成できるベクターデータです。

SVGを挿入

使い方

SVGファイルを選択し、配置する平面を選択します。<OK>を選択するまで、スケッチのプレビューは表示されません。
ラインはスケッチ要素として、「固定」の拘束が付加された状態でインポートされます。Fusion360でインポートしたスケッチを編集するには、すべて選択して「固定/固定解除」で「固定解除」にします。
SVGを挿入-固定
また、Illustrator等の画像編集ソフト側で作成した1ピクセルが1mmとしてインポートされます。そのため、画像編集ソフト側のエクスポート時の解像度設定(dpi)、単位(pixelかmm)によって、縮尺が異なってインポートされます。

設定項目

SVGファイルを選択:SVGファイルを選択します。
X 距離:基準位置からX方向の移動量を入力します。
Y 距離:基準位置からY方向の移動量を入力します。
平面XYの尺度指定:XY方向の尺度を入力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 コマンド解説 – SVGを挿入”

MENU