CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - モデル  >  Fusion 360 コマンド解説 - 作成  >  Fusion 360 コマンド解説 – 穴

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[作成] – [穴]

形状に穴をあけるコマンドです。

穴

使い方

穴を開けるフェイスを選択し、穴の位置や大きさや種類を指定して穴をあけます。

設定項目

配置:1つの穴をあけるか、複数の穴を一度にあけるかを選択します。
 ・点上(単一の穴):穴をあけるフェイスと位置を指定して1つの穴をあけます。
 ・スケッチを参照(複数の穴):穴の中心となるスケッチ上の点を選択して、複数の穴を一度にあけます。
面/点:穴をあけるフェイスまたはスケッチ上の点を選択します。
穴のタイプ:穴の種類を設定します。
 ・単純:ストレートな穴を作成します。
 ・ざぐり:座ぐり穴を作成します。
 ・皿面取り:皿穴を作成します。
深さ:深さを入力します。
直径:直径を入力します。
傾斜角度:穴の先端の角度をせ入力します。
範囲:穴の深さの指定方法を設定します。
 ・距離:深さを数値で指定します。
 ・終点:選択した面や点の深さまで穴をあけます。
 ・すべて:貫通穴をあけます。
方向を反転:穴をあける方向を反転します。
切り取るオブジェクト:コマンド実行時には選択できず、編集時のみ設定可能です。編集時に「自動選択」を選択する事で、表示されている形状に対して[穴]を再計算します。「xx個のボディ」を選択すると、再計算を行わず、状態を維持します。
[穴]を行いたい形状のみをブラウザーで表示(行いたくない形状は非表示)にすることで、[穴]を実行する形状を指定できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 コマンド解説 – 穴”

各ソフトウェア別で記事を探す

ログイン