CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - モデル  >  Fusion 360 コマンド解説 - 作成  >  Fusion 360 コマンド解説 – 矩形状パターン

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[作成] – [パターン] – [矩形状パターン]

形状またはフェイスまたはフィーチャー(形状に対する処理オペレーション)を、長方形状に配列コピーするコマンドです。

矩形状パターン

使い方

コピーしたい要素を選択し、コピーする方向や間隔、個数を設定します。

設定項目

オブジェクト:コピーする要素を選択します。「パターンタイプ」によって、選択できる要素が変わります。
方向:コピーする方向を指定します。
距離タイプ:配列のタイプを設定します。
 ・範囲:全体長さの中に収まるように、指定した数の要素をコピーします。距離は全体長さを設定します。
 ・間隔:隣り合う2要素間の距離を指定して、要素をコピーします。距離は2要素間の距離を設定します。
抑制:チェックを入れると、コピーのプレービューにチェックボックスが表示されます。コピーが不要なプレービューのチェックを外すことができます。
数量:コピーする数を入力します。
距離:距離を入力します。
パターンタイプ:コピーする要素の種類を指定します。
 ・パターン面:フェイスをコピーします。
 ・パターンボディ:形状をコピーします。
 ・パターンフィーチャ:フィーチャー(オペレーション)をコピーします。[フィレット]や[面取り]等のコマンドで処理をしたオペレーションをコピーします。
 ・パターンコンポーネント:コンポーネントをコピーします。
方向のタイプ:コピー方向のタイプを設定します。
 ・1方向:片方向にコピーします。
 ・対称:両方向にコピーします。
計算オプション:計算方法を指定します。
 ・最適化:「パターン面」または「パターンフィーチャ」に設定した場合のみ表示されます。最適化された計算方法のため、計算時間が非常に早くなります。ただし、コピー形状が重なるような場合など、重なり部の計算を行わないため、最適な結果にならない場合があります。
 ・同一:「パターンフィーチャ」に設定した場合のみ表示されます。選択したフィーチャー(オペレーション)と全く同じ形を作成します。計算時間は短くて済みます。
 ・調整:「パターンフィーチャ」に設定した場合のみ表示されます。各コピー位置で、周辺の形状を考慮して計算するため、全く同じ形のコピーにはなりませんが、適切な結果をもたらします。ただし、計算時間は長くなります。
 矩形状パターン-調整

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 コマンド解説 – 矩形状パターン”

MENU