CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - モデル  >  Fusion 360 コマンド解説 - 作成  >  Fusion 360 コマンド解説 – 回転

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[作成] – [回転]

閉じたスケッチや平面フェイスを回転させて形状を作るコマンドです。

回転

使い方

閉じたスケッチや形状の平面フェイスと軸を選択し、回転角度を設定して形状を作成します。

設定項目

プロファイル:閉曲線のスケッチまたは形状の平面フェイスを選択します。
軸:回転軸を設定します。
タイプ:回転形状の作成方法を設定します。
 ・角度:回転角度を入力します。
 ・終点:任意のフェイスや平面まで回転します。
 ・完全:360度回転します。
角度:回転角度を入力します。
方向:回転する方向を設定します。
 ・片側:片側に回転します。
 ・2つの側面:両側にそれぞれ回転します。
 ・対称:両側に同じ角度だけ回転します。
操作:形状を作成した際に同時に行う処理を設定します。
 ・結合:形状同士を足します。
 ・切り取り:形状同士を引きます。
 ・交差:形状同士の重なった部分を残します。
 ・新規ボディ:新しい形状を作成します。
 ・新規コンポーネント:新しいコンポーネントを作成します。
切り取るオブジェクト:「切り取り」、「交差」を選択した際に表示されます。コマンド実行時には選択できず、編集時のみ設定可能です。編集時に「自動選択」を選択する事で、表示されている形状に対して「切り取り」、「交差」を再計算します。「xx個のボディ」を選択すると、再計算を行わず、状態を維持します。
ブラウザを使用し、「切り取り」や「交差」を行いたい形状のみを表示することで、「切り取り」、「交差」を実行する形状を指定できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 コマンド解説 – 回転”

各ソフトウェア別で記事を探す

ログイン