Fusion 360 コマンド解説 – フィーチャを検索

[作成] – [フィーチャを検索]

インポートしたデータなどの履歴のない形状から、フィーチャー(処理履歴)を自動認識するコマンドです。履歴のつかないダイレクトモデリングモードまたはベースフィーチャーモードのみで使用できます。

フィーチャを検索

使い方

フィーチャー(処理履歴)を自動認識する形状、サーフェス、コンポーネントなどを選択します。
コマンドを実行すると、ブラウザーに認識されたフィーチャーが表示されます。一部のフィーチャーは、ダブルクリックまたは右クリック[xxxを編集]で編集できます。
フィーチャを検索-使い方

設定項目

面/ボディ/コンポーネント:サーフェスまたは形状またはコンポーネントを選択します。
全て選択:すべてのチェックボックスのON/OFFを切り替えます。

>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG