Fusion 360 コマンド解説 – フィーチャを検索

[作成] – [フィーチャを検索]

インポートしたデータなどの履歴のない形状から、フィーチャー(処理履歴)を自動認識するコマンドです。履歴のつかないダイレクトモデリングモードまたはベースフィーチャーモードのみで使用できます。

フィーチャを検索

使い方

フィーチャー(処理履歴)を自動認識する形状、サーフェス、コンポーネントなどを選択します。
コマンドを実行すると、ブラウザーに認識されたフィーチャーが表示されます。一部のフィーチャーは、ダブルクリックまたは右クリック[xxxを編集]で編集できます。
フィーチャを検索-使い方

設定項目

面/ボディ/コンポーネント:サーフェスまたは形状またはコンポーネントを選択します。
全て選択:すべてのチェックボックスのON/OFFを切り替えます。

>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG