CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - モデル  >  Fusion 360 コマンド解説 - 作成  >  Fusion 360 コマンド解説 – パイプ

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[作成] – [パイプ]

任意の軌道に沿ったパイプ形状を作るコマンドです。

パイプ

使い方

軌道(パス)となるスケッチを選択し、断面の形と大きさを定義してパイプ形状を作成します。

設定項目

パス:パスとなるスケッチを選択します。
チェーン選択:チェックを入れた状態でスケッチを選択すると、つながったスケッチが一括で選択されます。
パイプ-チェーン選択1

パイプ-チェーン選択2
距離:パイプ形状の長さを入力します。スケッチの長さを基準として0から1までの値で指定します。
操作:形状を作成した際に同時に行う処理を設定します。
 ・結合:形状同士を足します。
 ・切り取り:形状同士を引きます。
 ・交差:形状同士の重なった部分を残します。
 ・新規ボディ:新しい形状を作成します。
 ・新規コンポーネント:新しいコンポーネントを作成します。
切り取るオブジェクト:「切り取り」、「交差」を選択した際に表示されます。コマンド実行時には選択できず、編集時のみ設定可能です。編集時に「自動選択」を選択する事で、表示されている形状に対して「切り取り」、「交差」を再計算します。「xx個のボディ」を選択すると、再計算を行わず、状態を維持します。
ブラウザを使用し、「切り取り」や「交差」を行いたい形状のみを表示することで、「切り取り」、「交差」を実行する形状を指定できます。

断面:断面の形を指定します。
 ・円形:
 ・正方形:正方形
 ・三角:正三角形
断面サイズ:断面の大きさを入力します。
空洞:チェックを入れると、中をくり抜いた形状になります。
断面の厚さ:「空洞」を有効にした際のみ表示されます。形状の厚みを定義します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 コマンド解説 – パイプ”

MENU