Fusion 360 コマンド解説 – パスに沿った平面

[構築] – [パスに沿った平面]

形状のエッジやスケッチに直交する平面を作成するコマンドです。

パスに沿った平面

使い方

形状のエッジやスケッチを指定し、平面の位置を設定します。

設定項目

パス:形状のエッジやスケッチを選択します。
距離:平面の位置を0から1までの比率で入力します。

>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG