CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - モデル  >  Fusion 360 コマンド解説 - アセンブリ  >  Fusion 360 アセンブリコマンド解説 – ジョイント

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[アセンブリ] – [ジョイント]

コンポーネント同士の動作(ジョイント)を設定するコマンドです。

ジョイント

使い方

2つのコンポーネントとジョイントタイプを選択し、ジョイント原点を選択します。Ctrlキーを押すことで、ジョイント原点を選択する際のフェイスを固定できます。
動作する基準のコンポーネントは、ブラウザーで右クリックし、「固定」で固定します。ジョイントを設定したコンポーネントは、マウスドラッグで移動します。
ジョイント-使い方

設定項目

コンポーネント1:1番目のコンポーネントを選択します。1番目のコンポーネントは2番目のコンポーネントに合わせて移動します。
コンポーネント2:2番目のコンポーネントを選択します。
角度:ジョイント原点の角度を入力します。
オフセット:ジョイント原点のオフセット値を入力します。
反転:ジョイントの方向を反転します。
タイプ:ジョイントの種類を入力します。
 ・剛性:コンポーネント同士を固定するジョイントです。
 ・回転:ジョイント原点を中心に回転が可能なジョイントです。
 ・スライダ:1軸方向にスライドするジョイントです。
 ・円柱状:1軸方向のスライドと回転が可能なジョイントです。
 ・ピン-スロット:1軸方向のスライドと、それとは別の軸方向の回転が可能なジョイントです。
 ・平面:2軸方向のスライドと、1軸方向の回転が可能なジョイントです。
 ・ボール:3軸方向の回転が可能なジョイントです。
回転:回転軸を指定します。
スライド:スライド軸を指定します。
軸:軸を指定します。
標準:「平面」のみで有効なオプションで、2軸方向を決定するための法線方向を指定します。
ピッチ:「ボール」のみで有効なオプションで、左右軸を指定します。
ヨー:「ボール」のみで有効なオプションで、上下軸を指定します。
アニメーション:ジョイントのアニメーションを実行/停止します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 アセンブリコマンド解説 – ジョイント”

各ソフトウェア別で記事を探す

ログイン