Fusion 360 アセンブリコマンド解説 – ジョイントを駆動

[アセンブリ] – [ジョイントを駆動]

作成済みのジョイントの回転角度や距離を変更するコマンドです。

ジョイントを駆動

使い方

編集するジョイントを選択し、距離や角度を変更します。

設定項目

ジョイントの入力:編集するジョイントを選択します。
値フィールド:ジョイントのタイプによって表示されるフィールドが異なります。
 ・距離:距離を入力します。
 ・回転:回転角度を入力します。
 ・ピッチ:ピッチ量を入力します。
 ・ヨー:ヨー量を入力します。
 ・ロール:ロール量を入力します。

>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG