Fusion 360 図面コマンド解説 – バルーン

[部品表] – [バルーン]

部品番号(バルーン)を作成するコマンドです。

バルーン

使い方

任意のビューで、部品を選択し、部品番号の配置位置を指定します。表示される番号は、「部品表(パーツリスト)」の「項目番号」と一致します。
コマンドを取っていない状態で部品番号をクリックした際に表示される四角のポイントをクリックして移動することで、部品番号の位置を変更できます。

設定項目

>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG