Fusion 360 図面コマンド解説 – バルーン

[部品表] – [バルーン]

部品番号(バルーン)を作成するコマンドです。

バルーン

使い方

任意のビューで、部品を選択し、部品番号の配置位置を指定します。表示される番号は、「部品表(パーツリスト)」の「項目番号」と一致します。
コマンドを取っていない状態で部品番号をクリックした際に表示される四角のポイントをクリックして移動することで、部品番号の位置を変更できます。

設定項目

>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG