Fusion 360 図面コマンド解説 – 投影ビュー

[ビュー] – [投影ビュー]

補助投影図を作成するコマンドです。

投影ビュー

使い方

参照するビューを選択し、マウスを移動すると、移動した方向からのビューになります。複数の箇所でクリックすると図面が作成され、完了したらEnterで確定します。ビューごとの表示形式を変更するには、ビューを選択し、右クリック[ビューを編集]を選択します。

初期値では第一角法で表現されます。第三角法にするには、[ユーザーネーム] – [基本設定] – [一般] – [図面]の「標準」を「アイソメ」に変更し、<以下の形式の既定をオーバーライドまたは復元>にチェックを入れ、「投影角度」を「第三角法」に変更します。

設定項目

尺度:尺度を設定します。(親から)の表示がある尺度は、参照したビューの設定を適用します。
▼エッジの表示設定
隠線:隠線の表示/非表示を設定します。
 ・オン:隠線を表示します。
 ベースビュー-隠線オン
 ・オフ:隠線を表示しません。
 ベースビュー-隠線オフ
接線エッジ:スムーズエッジ(フィレットのつなぎ目などの、タンジェント(接線)連続している線)の表示形式を設定します。
 ・全体の長さ:すべてのスムーズエッジを表示します。
 ベースビュー-スムーズエッジ全体
 ・短縮:両端を切った線でスムーズエッジを表示します。
 ベースビュー-スムーズエッジ短縮
 ・オフ:スムーズエッジを表示しません。
干渉エッジ:複数形状が重なっている場合の重なり位置のエッジの表示/非表示を設定します。
 ・オン:重なりのエッジを表示します。
 ベースビュー-干渉エッジオン
 ・オフ:重なりのエッジを表示しません。
 ベースビュー-干渉エッジオフ

>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG