CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - レンダリング  >  Fusion 360 レンダリングコマンド解説 - 設定  >  Fusion 360 レンダリングコマンド解説 – シーンの設定

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[設定] – [シーンの設定]

照明や背景色、カメラ設定などの、レンダリング環境の各種設定を行うコマンドです。

シーンの設定

使い方

コマンドを選択し、ダイアログボックスで各種設定を行います。

設定項目

▼環境
スタイル:照明の設定を行います。
明るさ:輝度を設定します。
回転:光源の位置を設定します。

▼背景
環境:「スタイル」で設定した環境を基にした背景色が設定されます。
ソリッドカラー:右側に表示されるカラーセレクターから任意の色を設定できます。

▼固定
グラウンド面:地面の表示/非表示を設定します。
反射:地面に形状を反射させるかどうかを設定します。
粗さ:反射の荒さを設定します。

▼カメラ
 ・正投影:平行投影法(遠近感のない)のカメラを使用します。
 ・パース:透視投影法(遠近感のある)のカメラを使用します。
 ・直交面でパース投影:上面や前面、側面などの方向から表示すると平行投影法、それ以外の方向から表示すると透視投影法(遠近感のある)のカメラを使用します。
焦点距離:焦点距離を設定します。
露出:露出を設定します。
被写界深度(レイトレーシングのみ):被写界深度(写真の焦点が合っているように見える距離の範囲)を設定します。「レイトレーシング」を実行しているときのみに有効なオプションです。
焦点の中心:焦点を合わせる点を設定します。
ぼかし:ぼかし量を設定します。
シーンの設定-被写界深度

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 レンダリングコマンド解説 – シーンの設定”

MENU

おすすめ記事

おすすめ記事