Fusion 360 レンダリングコマンド解説 – イメージをキャプチャ

[レンダリング] – [イメージをキャプチャ]

レンダリングを行った画面を、画像ファイルとして保存するコマンドです。

イメージをキャプチャ

使い方

コマンドを実行し、任意の名前で画像を保存します。

設定項目

イメージの解像度:保存する画像のサイズを設定します。レイトレーシングで計算中は設定できません。
 ・現在のドキュメントウィンドウのサイズ:現在のウインドウサイズで画像を保存します。
 ・幅:画像の幅を設定します。ドロップダウンで、ピクセルかインチかを選択します。
 ・高さ:画像の高さを設定します。ドロップダウンで、ピクセルかインチかを選択します。
 ・解像度:解像度を設定します。単位を「インチ」にしたときのみに設定できます。1インチ当たり何ピクセルで表示するのかを設定します。
 ・縦横比をロック:縦横のアスペクト比を固定する/しないを設定します。
透明な背景:背景を透明色で保存する/しないを設定します。[レイトレーシング]で計算中は、設定がONになっていても、設定は適用されません。
アンチエイリアシング:アンチエイリアシング(画像のピクセル表現により、輪郭がギザギザするのを低減させる処理)の有効/無効を設定します。

>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG