CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - スカルプト  >  Fusion 360 スカルプトコマンド解説 - 修正  >  Fusion 360 スカルプト修正コマンド解説 – 穴の塗り潰し

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[修正] – [穴の塗り潰し]

Tスプライン形状の開いた穴を埋めるコマンドです。

スクリーンショット 2016-02-22 15.18.21

使い方

Tスプライン形状の開いたエッジを選択し、ダイアログボックスの設定を行います。

設定項目

Tスプラインエッジ:Tスプライン形状の穴の境界となっているエッジを選択します。
穴の塗り潰しモード:穴埋めの種類を選択します。
 ・低減したスター:スターポイント(3エッジ、5エッジ、またはそれ以上のエッジが1つの頂点で交わるポイント)の数を最小限にするように穴を埋めます。対称(対称)を維持したい場合に使用します。
 ・スターを塗り潰し:1つのフェイスで穴を埋めます。各頂点ではスターポイントが作成されます。形状の変形を最小限に抑える際に使用します。
 ・折りたたむ:すべての頂点を中心に集結して穴を埋めます。
溶接の中心の頂点:作成された頂点を結合します。
エッジの折り目を維持:折り目コマンドで折り目をつけられ、シャープになっているエッジを維持します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 スカルプト修正コマンド解説 – 穴の塗り潰し”

MENU