Fusion 360 スカルプト修正コマンド解説 – 変換

[修正] – [変換]

B-rep形状(通常のソリッドモデリングしたボディ)やインポートしたメッシュ形状(STLファイルなど)をTスプライン形状に変換したり、Tスプライン形状をB-rep形状に変換したりするコマンドです。

スクリーンショット 2016-02-22 15.19.04

使い方

選択フィルタを設定後に、変換したい形状を選択し、ダイアログボックスの設定を行います。

設定項目

エンティティ:選択フィルタの設定によって選択できる形状が変わります。B-rep形状またはTスプライン形状またはメッシュ形状を選択します。
選択フィルタ:どのような変換を行うかを設定します。
 ・BRep面:B-rep形状のフェイスをTスプラインフェイスに変換します。
 ・ Tスプラインボディ:Tスプライン形状をB-rep形状に変換します。自己交差箇所が存在している場合、変換できません。
 ・メッシュボディ:メッシュ形状をTスプライン形状に変換します。メッシュ形状は、四角パッチが多いほど変換できる可能性が高くなり、三角パッチが多いほど変換に失敗する可能性が高くなります。
エッジを保持:「Tスプラインボディ」を選択しているときのみ表示されます。変換後にも残したいエッジがある場合、エッジを選択します。
長さ間隔:「BRep面」を選択しているときのみ表示されます。1つのフェイスの長さ方向をいくつのTスプラインフェイスで表現するかを設定します。
幅間隔:「BRep面」を選択しているときのみ表示されます。1つのフェイスの幅方向をいくつのTスプラインフェイスで表現するかを設定します。
 ・均一:フェイスに添って一定間隔でフェイスを作成します。
 ・曲率:フェイスの曲率によってフェイスの分割位置を変更します。曲率が高い(急激に曲がる)箇所は、より多くのフェイスを有します。
面:「均一」に設定した際のみ表示されます。フェイスの分割数を入力します。
偏差:「曲率」に設定した際のみ表示されます。入力した誤差内に収まるようにフェイスの分割数を自動的に決定します。
法線を反転:選択した形状の法線方向を反転します。
操作:どのような形状に変換するかを選択します。
 ・新規ボディ:新しいボディを作成します。

>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG