CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - スカルプト  >  Fusion 360 スカルプトコマンド解説 - 修正  >  Fusion 360 スカルプト修正コマンド解説 – ベベルエッジ

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[修正] – [ベベルエッジ]

Tスプライン形状のエッジを斜めにカットし、エッジを増やすことで、角をシャープに表現したりソフトに表現したりすることができるコマンドです。

スクリーンショット 2016-02-22 15.01.47

使い方

Tスプライン形状のエッジを選択します。青色の矢印(マニピュレーター)を移動して、位置を設定します。
新しくできるエッジと元からあるエッジの距離が近いほど、尖った角が表現できます。

設定項目

Tスプラインエッジ:Tスプライン形状のエッジを選択します。エッジをダブルクリックすることでループを選択することができます。
ベベルの位置:斜めにカットする量を、-1から1までの比率で設定します。
セグメント:新しく挿入する面の数を設定します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 スカルプト修正コマンド解説 – ベベルエッジ”

MENU