CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - スカルプト  >  Fusion 360 スカルプトコマンド解説 - 修正  >  Fusion 360 スカルプト修正コマンド解説 – ブリッジ

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[修正] – [ブリッジ]

2つのTスプライン形状をつないだり、1つのTスプライン形状内で中間フェイスを作成してフェイス同士をつなぐコマンドです。

スクリーンショット 2016-02-22 15.17.57

使い方

フェイスまたはエッジを選択し、ダイアログボックスの設定を行います。
それぞれのサイドのエッジやフェイスの数は同じである必要があります。

設定項目

側面1:1番目のフェイスまたはエッジを選択します。
側面2:2番目のフェイスまたはエッジを選択します。
曲線に追従:ブリッジを沿わせるガイド曲線を選択します。
曲線の回転:ブリッジの回転角度を設定します。
曲線を反転:ガイド曲線の参照方向を反転します。
プレビュー:ブリッジのプレビューメッシュを表示します。
ねじり:「側面1」と「側面2」をどのようにつなぐかの角度を入力します。
面:ブリッジ部のフェイスの数を入力します。「曲線に追従」を指定している場合、線に沿った形に近づけるためには、フェイスの数を増やします。
方向1を反転:画面に表示されている「側面1」の矢印の方向を反転します。「側面2」の矢印の向きと揃えることで正しい形状になります。
方向2を反転:画面に表示されている「側面2」の矢印の方向を反転します。「側面1」の矢印の向きと揃えることで正しい形状になります。
エッジの折り目を維持:折り目コマンドで折り目をつけられ、シャープになっているエッジを維持します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 スカルプト修正コマンド解説 – ブリッジ”

各ソフトウェア別で記事を探す

ログイン