CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - スカルプト  >  Fusion 360 スカルプトコマンド解説 - 作成  >  Fusion 360 スカルプトコマンド解説 – 面

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[作成] – [面]

個別のTスプラインのフェイスを作成するコマンドです。

スクリーンショット 2016-02-22 14.53.25

使い方

角の4つのポイントを指定したり、エッジと2点を指定して面を貼ります。

設定項目

モード:フェイスの頂点の選択方法を設定します。
 ・単純:頂点ポイントを複数指定します。
 ・エッジ:エッジを選択することでエッジの両端が2つの頂点として認識されます。残り2点の頂点を指定します。
 ・チェーン:エッジを選択し、他の頂点ポイントを選択していくことで、連続してフェイスを作成します。
側面の数:頂点数を設定します。
 ・4側面:フェイスを4つの頂点で定義します。
 ・複数の側面:フェイスを3つ以上の頂点で定義します。フェイスを確定させるには、初めのポイントを再度選択します。単純に設定している際のみ表示されます。
オブジェクトスナップ:挿入された頂点ポイントを近くの形状(ソリッド、サーフェス、メッシュ)に付けるように移動します。
オフセット:「オブジェクトスナップ」が有効な際にのみ表示されます。対象形状から何mm離してスナップさせるかを入力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 スカルプトコマンド解説 – 面”

MENU