Fusion 360 スカルプトコマンド解説 – 直方体

直方体コマンドの設定方法

直方体のTスプライン形状を作成するコマンドです。

Fusion360 直方体コマンド

直方体の使い方

配置する平面を選択し2点指定で長方形を作成し、詳細設定を行います。
「表示モード」を「ボックス表示」モードに変更すると、制御点が直方体状に並んでいることが確認できます。

直方体のオプション設定

長方形のタイプ:長方形の作成方法を選択します。
 ・中心:長方形の中心点と頂点1点を指定して直方体を作成します。
 ・2点:長方形の対角点2点を指定して直方体を作成します。
方向:直方体の作成方向を指定します。
 ・片側:長方形から一方向に作成します。
 ・対称:長方形を中心として両方向に対称に作成します。
操作:作成する形状の種類を設定します。
 ・新規ボディ:新しい形状を作成します。

形状を配置する平面を選択後は、以下の設定項目があります。
長さ:長さを入力します。
長さの面:長さ方向の面の分割数を入力します。
幅:幅を入力します。
幅の面:幅方向の面の分割数を入力します。
高さ:高さを入力します。
高さの面:高さ方向の面の分割数を入力します。
対称:形状に対称という情報を付加するかを設定します。
 ・なし:対称にしません。
 ・ミラー:形状に対称という情報を付加します。以降に行う処理は対称に処理されます。
長さの対称性:長さ方向に対称に処理します。「ミラー」に設定した際にのみ表示されます。
幅の対称度:幅方向に対称に処理します。「ミラー」に設定した際にのみ表示されます。
対称の高さ:高さ方向に対称に処理します。「ミラー」に設定した際にのみ表示されます。

>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG