CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - スカルプト  >  Fusion 360 スカルプトコマンド解説 - 作成  >  Fusion 360 スカルプトコマンド解説 – 球

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[作成] – [球]

球体のTスプライン形状を作成するコマンドです。

Fusion360 球コマンド

使い方

配置する平面を選択し、中心点を指定して球を作成します。

設定項目

操作:作成する形状の種類を設定します。
 ・新規ボディ:新しい形状を作成します。

形状を配置する平面を選択後は、以下の設定項目があります。
直径:直径を入力します。
経度の面:配置面に対して垂直方向の面の分割数を入力します。
緯度の面:配置面に対して平行方向の面の分割数を入力します。
対称:形状に対称という情報を付加するかを設定します。
 ・なし:対称にしません。
 ・ミラー:形状に対称という情報を付加します。以降に行う処理は対称に処理されます。
 ・円形:形状に円形対称という情報を付加します。に並べたように処理します。
長さの対称性:長さ方向に対称に処理します。「ミラー」に設定した際にのみ表示されます。
幅の対称度:幅方向に対称に処理します。「ミラー」に設定した際にのみ表示されます。
対称の高さ:高さ方向に対称に処理します。「ミラー」に設定した際にのみ表示されます。
対称面:分割された面の等分数を入力します。「円形」に設定した際にのみ表示されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 スカルプトコマンド解説 – 球”

MENU

おすすめ記事

おすすめ記事