CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - スカルプト  >  Fusion 360 スカルプトコマンド解説 - 作成  >  Fusion 360 スカルプトコマンド解説 – 回転

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[作成] – [回転]

スケッチや形状のエッジを選択し、回転の基準となる軸を定義して形状を作成します。

スクリーンショット 2016-02-22 14.54.01

使い方

スケッチや形状のエッジを選択し、回転の基準となる軸を定義して形状を作成します。

設定項目

プロファイル:スケッチや形状のフェイス、エッジを指定します。スケッチは閉じている必要はありません。
プロファイル チェーン選択:つながったスケッチを一括で選択します。
軸:回転の基準となる軸を指定します。
溶接:エッジや頂点同士が接触している場合に結合します。
間隔:押し出した際のフェイスの間隔を設定します。
 ・均一:選択したプロファイルに添って一定間隔でフェイスを作成します。
 ・曲率:選択したプロファイルの曲率によってフェイスの分割位置を変更します。曲率が高い(急激に曲がる)箇所は、より多くのフェイスを有します。
面:プロファイル方向の面の分割数を入力します。
タイプ:一回転するか、角度を指定するかを選択します。
 ・角度:指定した角度だけ回転形状を作成します。
 ・完全:360度回転した形状を作成します。
角度:回転の角度を入力します。
方向:スケッチまたは形状のエッジを基準に、回転する方向を指定します。
 ・片側:片側に作成します。
 ・2つの側面:両側にそれぞれの角度で回転します。
 ・対称:両側に同じ角度だけ回転します。
面:回転方向の面の分割数を入力します。
対称:形状に対称という情報を付加するかを設定します。
 ・なし:対称にしません。
 ・円形:形状に円形対称という情報を付加します。に並べたように処理します。
対称面:分割された面の等分数を入力します。「円形」に設定した際にのみ表示されます。
操作:作成する形状の種類を設定します。
 ・新規ボディ:新しい形状を作成します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 スカルプトコマンド解説 – 回転”

各ソフトウェア別で記事を探す

ログイン