CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - スカルプト  >  Fusion 360 スカルプトコマンド解説 - 作成  >  Fusion 360 スカルプトコマンド解説 – スイープ

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[作成] – [スイープ]

断面が軌跡に沿って移動したTスプライン形状を作成するコマンドです。

スクリーンショット 2016-02-22 14.54.13

使い方

断面となるスケッチまたは平面フェイスと、軌道(パス)となるスケッチまたは形状のエッジを選択します。

設定項目

プロファイル:スケッチや形状のエッジを指定します。スケッチは閉曲線でも開曲線でも選択できます。
間隔:押し出した際のフェイスの位置を設定します。
 ・均一:選択したプロファイルに添って一定間隔でフェイスを作成します。
 ・曲率:選択したプロファイルの曲率によってフェイスの分割位置を変更します。曲率が高い(急激に曲がる)箇所は、より多くのフェイスを有します。
面:プロファイルに沿った方向の面の分割数を指定します。
パス:軌跡(パス)となるスケッチや形状のエッジを指定します。
間隔:押し出した際のフェイスの位置を設定します。
 ・均一:選択したプロファイルに添って一定間隔でフェイスを作成します。
 ・曲率:選択したプロファイルの曲率によってフェイスの分割位置を変更します。曲率が高い(急激に曲がる)箇所は、より多くのフェイスを有します。
面:パスに沿った方向の面の分割数を指定します。
チェーン選択:チェックを入れた状態でスケッチを選択すると、つながったスケッチが一括で選択されます。
方向:プロファイルとパスの位置関係を指定します。
 ・直交:プロファイルは常にパスと直交します。
 ・平行:プロファイルは常に同じ向きを維持します。
スイープー直交
 
スイープー並行

 
距離:断面を軌跡(パス)のどの位置まで添わせるかを、0~1の比率で入力します。
操作:作成する形状の種類を設定します。
 ・新規ボディ:新しい形状を作成します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 スカルプトコマンド解説 – スイープ”

MENU