Fusion 360 スカルプト修正コマンド解説 – プル

[修正] – [プル]

選択したポイントを対象の形状にフィットさせるように移動するコマンドです。

スクリーンショット 2016-02-22 15.17.28

使い方

Tスプライン形状のポイントを選択します。
良い結果を得るためには、対象形状になるべく近い位置にポイントを移動しておくことが重要です。遠い位置だと、思わぬ結果になることがあります。

設定項目

Tスプラインの頂点:Tスプライン形状のポイントを選択します。
ターゲットを選択:対象形状の選択方法を設定します。
 ・自動:対象形状を自動的に認識し、ポイントを対象形状の最も近い位置に移動します。
 ・ターゲットを選択:対象形状を任意に選択可能にします。
ターゲット:「ターゲットを選択」を選択した際に表示されます。対象形状を選択します。
プルタイプ:どのようなタイプのポイントを対象形状にフィットさせるかを指定します。
 ・制御点:制御ポイント(表示モードをボックス表示に設定した際の頂点ポイント)を対象形状に移動します。
 ・サーフェスポイント:サーフェスポイント(表示モードをスムーズ表示に設定した際の頂点ポイント)を対象形状に移動します。

>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG