facebook

Inventor / Autodesk

Inventor
  • CAD
  • CAM
  • CAE
  • 3D設計
  • 2D図面
  • レンダリング
  • 解析
  • アニメーション

Inventorは、Autodesk社から発売されている機械設計用の3DCADソフトウェアです。使われている業界は主に機械製造業ですが、産業設備や医療機器やプラントなど幅広い分野で活用されており、BIMシステム(Revit)との連携できるため、建築分野でも活用されています。また、AutoCADデータや他社の3DCADデータを参照利用する事ができるため、他のソフトと連動させながらの設計や過去資産がそのまま使用可能です。

チャート
ユーザー
用途
Inventor 価格(税込)
1年間ライセンス 367,400円
3年間ライセンス 1,047,200円
  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

Inventorはこういう方におすすめ

  • AutoCADデータをフル活用したい
  • 3次元ベースで設計を行いたい
  • 高度な機能も簡単に操作したい
  • 使いやすい3DCADを求めている
  • BIMシステムへ活用したい

他CADとの違い

Inventorの圧倒的なメリットは「AutoCADとの連動」、「Revitとの連動」になります。
AutoCADでInventorの3D形状を読み込む事ができるので、2D作図の環境を変更せずに3DCADのメリットが得られます。また、AutoCADデータ(DWGデータ)をInventorが参照する事ができるので、既存のAutoCADデータの修正でInventorの3Dデータが自動修正されます。
Revitとも連動できるので、設計したデータを簡単にBIMシステムに利用できます。

金額について

1年間ライセンス367,400円(税込)、3年間ライセンス1,047,200円(税込)が選択できます。

30日間の無料体験版がございます。
体験版のダウンロード詳細はこちらをご参照ください。

三谷大暁

キャド研コメント

製造系の3DCADとして機能も充実しており、AutoCAD・Fusion 360やRevitなど他のAutodesk製品との連動機能が業務の効率化に役立ちます。また、iLogicという設計の自動化もできる機能もあり、工数削減ができます。
Inventorを検討される方は、製造業には欠かせないソフトウェアをセットにした3Dソフトウェアトータルパッケージ「Product Design & Manufacturing Collection」もぜひご確認下さい。単体ソフトを複数購入するよりも圧倒的に低価格で購入いただけます。

株式会社VOST 三谷大暁

対応データ形式を見る

読み込み
  • DWG
  • DXF
  • DWF
  • Alias
  • CATIA V4
  • CATIA V5
  • PTC Creo
  • IDF
  • IGES
  • JT
  • NX
  • OBJ
  • Parasolid
  • Pro/ENGINEER
  • Pro/ENGINEER Granite
  • Pro/ENGINEER Neutral
  • QIF
  • Rhino
  • Revit
  • SAT
  • SolidWorks
  • Solid Edge
  • STEP
  • STL
書き出し
  • DWG
  • DXF
  • CATIA V5
  • IFC
  • IGES
  • JT
  • OBJ
  • Parasolid
  • Pro/ENGINEER Granite
  • Pro/ENGINEER Neutral
  • QIF
  • Revit
  • SAT
  • Solid Edge
  • STEP
  • STL

動作環境

オペレーティングシステム
64 ビット版 Microsoft® Windows® 10
サポート情報については、オートデスクの「製品サポートのライフサイクル」を参照してください。
プロセッサ
最小: 2.5 GHz 以上のプロセッサ
(推奨: 3 GHz 以上、4コア以上のプロセッサ)
メモリ
最小: 16 GB(推奨: 32 GB以上)
画面解像度
  • 最小:1280 x 1024
  • 推奨:3840 x 2160 (4K)
  • 推奨尺度: 100%、125%、150%、200%
ディスプレイ カード
  • 最小: 帯域幅 29 GB/秒の 1 GB GPU (DirectX 11 対応)
  • 推奨: 帯域幅 106 GB/秒の 4 GB GPU (DirectX 12 互換)
  • 参照: 認定ハードウェア
ディスク空き容量
インストーラと完全インストール: 40 GB
ネットワーク
Network License Manager は、Windows Server® 2016、Windows Server 2019、および上記のバージョンの Windows 10 デスクトップをサポート
ポインティング デバイス
マイクロソフト社製マウスまたは互換製品
.NET Framework
.NET Framework バージョン 4.8 以降
チャート
ユーザー
用途
Inventor 価格(税込)
1年間ライセンス 367,400円
3年間ライセンス 1,047,200円
Inventorの購入はこちらから

Inventorのインストールから使い方まで学べるチュートリアル動画

Inventorを始めたい方におすすめのチュートリアル動画とテキストです。STEPを順番に追っていくと自然に操作方法が身につくように設定されています。これを見ながら実際にソフトウェアを動かして、Inventorを学びましょう!

Inventorチュートリアル

STEP1

再生

クリックして再生

タッチして再生

Inventorの画面周りと操作感を知ろう
動画を再生する
(18分 00秒)

「Inventor」をダウンロードし起動できたら、画面周りと操作感がどんなものなのか見てみましょう。はじめはむずかしいと感じるかもしれませんが、操作をしていくうちに覚えていくことができます。

STEP2

再生

クリックして再生

タッチして再生

スケッチ作成から3次元化しよう
動画を再生する
(19分 45秒)

「Inventor」の操作感が分かったら、次はスケッチを作成し、3D形状の作成に挑戦してみましょう。形状作成の基本をご紹介します。

STEP3

再生

クリックして再生

タッチして再生

2次元図面を作成してみよう
動画を再生する
(18分 53秒)

「Inventor」で作成した3次元パーツやアセンブリを2次元図面にする方法をご紹介します。

Inventorのおすすめ記事

初めての方向け!Inventorの使い方まとめ

Inventorとは Inventorは、オートデスクが提供するプロフェッショナルレベルの3次元機械設計、図面作成、製品シミュレーションのツール群が搭載された製品開発のための3DCADソフトウェアです。製造業、特に機械設計向けの専用機能が多く搭載され […]

公式メルマガで情報を受取る

限定キャンペーンや最新情報配信中