facebook

高生分解性酢酸セルロースを用いた3Dプリンター用フィラメント販売へ!

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、Nature3Dと株式会社ネクアスが開発した、環境調和型の3Dプリンター用フィラメントをご紹介します!

バイオマス素材を中心とした3Dプリンター用特殊フィラメントを製造販売するインディペンデント開発ユニットであるNature3Dと株式会社ネクアスは、酢酸セルロース系バイオマス生分解性複合材料『NEQAS OCEAN』をベースとする3Dプリンター用フィラメントを開発しました。
また、高生分解性 酢酸セルロースフィラメント「C38TS」は、2021年9月28日(火)よりオンラインショップにて販売開始されました。

高生分解性 酢酸セルロースフィラメント C38TS
高生分解性 酢酸セルロースフィラメント C38TS 造形品

 

『NEQAS OCEAN』の性質

酢酸セルロースは、植物由来のセルロースと酢の主成分である酢酸が原料であり、高生分解性の環境にやさしい素材です。木材や紙同様の生分解性があり、自然環境中で分解します。『NEQAS OCEAN』は、酢酸セルロースに独自技術で可塑剤を配合した新しい樹脂コンパウンドです。自然や動植物への環境影響がないことが確認されている安全性の高い原料のみを配合しています。従来の酢酸セルロース系樹脂と異なり、可塑剤も生分解する特徴があります。

高生分解性酢酸セルロースフィラメント「C38TS」概要

現在、生分解性樹脂としてはPLA(ポリ乳酸)樹脂が広く使われていますが、PLA樹脂は55℃を下回る温度環境下では分解が進みにくく、自然環境中では生分解する条件が整わない場合があることが知られています。
今回開発した高生分解性酢酸セルロースフィラメントは『NEQAS OCEAN』をベースとしており、生分解性についての課題をクリアしうるものです。さらに3Dプリンター用フィラメントへの展開に当たり、ミネラルの添加によって低吸湿・低反りなどの特性を付与し、従来の酢酸セルロース系樹脂比較での造形安定性を向上させました。今回開発のフィラメントの使用により、高い生分解性、高い形状自由度を持つ3Dプリント造形品を得ることが可能になります。

高生分解性 酢酸セルロースフィラメント C38TS 原料

「C38TS」商品スペック・推奨条件

品番 : C38TS
価格  :  2,780円(税込)
材料 : 酢酸セルロース
長さ : 65m(重さ 約250g)
フィラメント径   : 1.75mm
ノズル径 : 0.4mm以上
ホットエンド : 210~240℃
ヒートベッド : ~100℃
冷却ファン  : OFF

3Dプリントスプールにセットして使用する、リフィルタイプのフィラメントです。スプールは付属しません。
また、ダイレクトエクストルーダー機または小型ボーデン機(Adventurer3相当)を推奨。PTFEチューブが長い機種は吐出が不安定になることがあります。フィラメントは、吸湿対策が必要です。

酢酸セルロースフィラメント C38TS リフィル用(スプールなし) 65m 約250g

 

Nature3Dと株式会社ネクアスが開発した、これまでになかった、高い生分解性を持つ環境調和型の3Dプリンター用フィラメント「C38TS」に注目です!

最新情報をチェックしよう!