facebook

エス.ラボ株式会社、超大型3Dプリンタで高さ2.8mの造形に成功へ!

こんにちは!Chisatoです。
本日は、エス.ラボ株式会社が完成させた、超大型ペレット式 3Dプリンタに関するtopicです。

国産の 3Dプリンタ・工作機・ロボットの開発・製造を行う、エス.ラボ株式会社は、造形サイズ 横3m × 奥行3m × 高さ3m の超大型ペレット式 3Dプリンタ 、開発名「茶室」を完成させました。

ペレット式3Dプリンタ「茶室」と造形完了時のベンチ

新たな造形の概要

エス.ラボは同 3Dプリンタを利用し、慶應義塾大学SFC研究所ソーシャル・ファブリケーション・ラボ(以下SFC研究所)、デジタルファブリケーションスタジオの積彩(以下積彩 )との共同製作によって、高さ2.8 m・幅1.2m・奥行き1.1 mとなる大型プラスチック製ベンチの造形に成功しました。「茶室」によって24時間で造形されたベンチは慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス内に仮設置され、試験的な利用も行われました。
今回のベンチ造形は循環型社会の目指す形として、外観でも材料面でもインパクトがあり、この様な3Dプリンタで製造した物が広く普及するためには、出来上がった物の価値そのものが市場で評価されることが重要と考え、特大サイズと洗練されたデザイン、そしてリサイクル材料で出来た点において、今後の大型造形物の試作や形状確認に向けての大きな一歩となりました。

エス.ラボはプラスチックペレットを原料とする、大型かつ短時間で造形が可能なペレット式 3Dプリンタを2013年から開発し、特許の取得も行ってきました。プラスチック樹脂を用いた材料押出方式の 3Dプリンタにおいて、最大造形サイズが2立方メートルを超える機種は世界でも数少なく、今回の装置開発・造形は世界最大級の事例となります。

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにおける試験利用の様子

共同製作について

今回の共同製作において、SFC研究所は、材料検証と造形試作を、積彩はベンチの 3Dモデル設計と配色設計を担当しました。縦向きに印刷されたベンチは造形後に向きを変えて利用され、大人4人程度が問題なく座れる強度を持っています。3Dプリント時に意図的に配色をコントロールする事で、ベンチのまだらな色模様を作り出しています。

また、デザインを担当した積彩は、これまでのベンチ/遊具のような境界を取り払い、もっと自由な振る舞いをもつデザインへの想像力を今回の造形物に活かし、超大型の3Dプリンティングにおいて規格外の造形物を作り出すことに成功しました。

 

エス.ラボ株式会社が完成させた、超大型ペレット式 3Dプリンタによる大型造形に注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 セミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG