facebook

Revitのおすすめセミナーとは?Revitが学べる”Revit入門セミナー”を紹介!

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、BIMツール建築用3DCADの「BIM・Revitセミナー」をご紹介します。

BIM・Revitセミナー」は、BIMソフトウェアのRevitの操作を習得することで、実際の業務でBIM/Revitを活用できるようになることを目指すことができるセミナーです!

BIMモデルやBIMソフトウェアとは?

まずBIMについて詳しく説明していきます。
BIMは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略で、建物設計および建設の生産性を向上させる「しくみ」や「概念」のことです。
BIMの概念をもったソフトウェアで建物を設計されたモデルを、「情報付き建築模型」BIMモデルと呼ばれています。
BIMモデルは、建物形状、空間情報、建物部材の数量や特性等が含まれるため、プレゼンデータだけでなく、整合性の高い設計図書や自動集計による各種リストの作成、解析にも流用できます。

BIMソフトウェアはBIMモデルを作成する為のシステムで、本セミナーで習得するRevitをはじめ、ARCHICAD、GLOOBE、Vectorworks Architect等があげられます。

そもそもRevitとは?

revitとは

それではRevitとはどのようなBIMソフトウェアなのでしょうか?
Revitは、Autodesk社が開発している建築用3DCADで、BIMツールとして活用することができます。
Revitの最大の特徴は、素早く目的の3Dモデルを作成することができ、モデル間の干渉チェックや、構造解析などの作業を効率化することができます。
また建物の壁・ドア・窓などはインテリジェント要素として配置されるため、後からの情報利用が可能となっています。
これは、設計の初期段階からのプロセスの高速化と、工期全体を通しての可視化が進むための必要な要素です。
さらに、Revitでは成果物としてのドキュメントの作成も容易に可能です。
平面図・立面図・矩計図・断面詳細図などの図面に加え、各種設計図書や集計表・3Dビュー・レンダリングなど様々なドキュメントを作成することができます。
Revitについてもっと詳しく知りたい方は下記記事を参考にしてください。

Revitの特徴や使い方を徹底解説!建築3DCAD「Revit」とは?

Revitを学ぶのにおすすめのセミナー

それでは今回Revitを学ぶのにおすすめのセミナーを紹介させて頂きます!
それはこちらの「BIM・Revitセミナー」です。
BIM・Revitセミナーは、なんとたったの2日間でBIMソフトウェアであるRevitを扱えるようになってしまう有益なセミナーになっています!
建築向けの3DCADや、BIMを学びたいと思っている人はこのRevit入門セミナーが圧倒的におすすめです!

BIM・Revitセミナーの特徴

そんなBIM・Revitセミナーの大きな特徴をご紹介します。
BIM・Revitセミナーは、建物一棟の3Dデータを作成しながら業務内容にそってRevitの操作を習得できるため、セミナー受講後にすぐに仕事の業務でRevitを利用できるようになります。
今までBIMを使ったことがない方、CADソフト初心者の方にも分りやすいトレーニング内容となっていますので、事前の自己学習は不要なのがとてもありがたいポイントですね。
BIM・Revitセミナーは下記のような方に特におすすめです!

  • 自社または取引先、プロジェクトでBIMを使用する方
  • BIM・Revitの操作を短期間で習得したい方
  • 3Dデータを活用し、業務の効率改善をはかりたい方
  • 設計から施工までの行程に3Dモデルを活用したい方
  • Revitを使って各種設計図書の作成方法を習得したい方
  • スキルアップとしてBIMを身につけたい方
  • BIMやRevitの導入を検討している方
  • BIMの担当者に任命された方
  • 今まで3DCADを使用したことがなく不安な方
  • 2DCADから3DCADの連携方法を知りたい方
  • BIMを使えないと仕事が減るかもという危機感をお持ちの方
  • 新規取引先獲得のためにBIMが使えることをPRしたい方

現在新型コロナウィルス対策として、通常の会場受講に加えて「ライブウェビナー」も実施しています。
ライブウェビナーではパソコンでどこでもBIM・Revitセミナーを受講できるので、お家や職場で受講することも可能です。

BIM・Revitセミナーカリキュラムの内容

BIM・Revitセミナー、実際にはどのような内容を教えてくれるのかも気になりますよね。
3Dデータの作成は平面図・立面図・矩計図の作成と同時並行で行うため、今まで2DCADをやられていた方はその経験をいかしながら3Dモデルの作成を行うことができます。
また、作成した3Dモデルを基に各種設計図書の作成方法も学べるため、セミナー受講後にすぐに業務でRevitを利用できるようになります。

セミナー1日目の内容

Revit入門セミナーの内容1

Revit入門セミナーの内容2

BIM・Revitセミナーの1日目はこのような内容になっています!
BIMやRevitの基礎知識から、3DCADの作成方法まで一気に学ぶことができます。

  • BIM/Revitについて理解しよう
  • BIMについて知ろう
  • BIM活用事例を知ろう
  • BIMで成果を出すために必要なことを理解しよう
  • Revitを利用したワークフローを理解しよう
  • Revitの画面操作について学ぼう
  • Revitの画面の説明
  • Revitの基本操作方法
  • Revitの作業環境を効率化
  • 3Dで平面図を作成しよう
  • 新規プロジェクトの作成
  • 通り芯と壁の作成
  • 部屋名と部屋面積の入力
  • 建具の配置
  • 寸法線と方位の入力
  • 平面図の3D化
  • ビューシートの作成
  • 2LDK住戸を作成しよう①
  • レベル(階数)の作成
  • 2Dデータ(DXF)の利用
  • 下書き(DXF)から通り芯を作成
  • 作業用3Dビューの作成
  • 外壁と界壁の作成
  • 床タイプの作成と床の作図
  • 間仕切り壁の作成

次に2日目の説明をさせて頂きます。

セミナー2日目の内容

Revit入門セミナーの内容4

BIM・Revitセミナー2日目の内容はこちらです。

  • 2LDK住戸を作成しよう②
  • ドア・掃出窓・建具の配置
  • 天井の作成
  • 間取りの一括コピー
  • 間取りの修正
  • 外廊下とバルコニーの作成
  • 階段の作成
  • 屋根の作成
  • プレゼンテーションについて学ぼう
  • マテリアルの設定
  • 方角・太陽の設定
  • パースビューの作成
  • クラウドレンダリング
  • データの管理方法を学ぼう
  • クラウドデータサービスA360 の活用
  • データパネルの使い方
  • 他の人にデータを渡す方法
  • データを受け取る方法
  • 様々な図面を作成しよう
  • 住戸平面図の作成
  • 専有・共有面積図の作成
  • 断面図の作成
  • 建具表、仕上表、数量一覧表の作成
  • 面積や部材数量、仕上等の各種帳票の作成
  • BIM/Revitを使いこなそう
  • VRの活用
  • ファミリの登録手順
  • 有償ファミリデータサービスの活用

文字だけでは難しそうに感じるかもしれませんが、ハンズオンで講師と一緒にRevitを触りながら手順を学べるのでどんな方でもRevitを操作できるセミナーになっています!

Revitを学べるおすすめセミナーまとめ

今回はRevitについて学ぶことができるセミナーをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
web上でもう少しRevitに詳しくなってからBIM・Revitセミナーに挑みたい!と言う人はAutodesk公式で下記動画も上がっていますので参考にしてください。

BIM建築用3DCAD「Revit」の基本操作が短期間でしっかり学べる、「BIM・Revitセミナー」に注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 セミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

Revitのおすすめセミナーとは?Revitが学べる"Revit入門セミナー"を紹介!
最新情報をチェックしよう!
法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG