facebook

XYZプリンティングジャパン、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンター限定10台発売へ!

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、オープンレジン化した高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」をご紹介します。

XYZプリンティングジャパン株式会社は、日本市場に最適な材料開発を目的とし、高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」をオープンレジン化し、台数限定で2021年5月10日より発売開始しました。

高性能光造形3Dプリンター「PartPro150xP」

「PartPro150xP」オープンレジン化の背景

近年、3Dプリンター市場における使用用途は多岐に渡っており、自社純正3Dプリント材料のみで市場ニーズに全て対応することは困難となっていました。そのため現在XYZプリンティングジャパンは、材料開発で専門的なノウハウを持つ企業との協業を積極的に進めています。
今回の「オープンレジン化」はその一環として実施され、販売先は国内に拠点を構える化学メーカーを想定しています。オープンレジン化によって従来の純正レジンに加え、他社製の光造形用レジンが使用可能になります。
これにより、レジンを開発している化学メーカーがPartPro150xPに対応したレジンを開発したり、すでに販売されているレジンがPartPro150xPに合うかどうかを試していただくことを期待しています。

製品概要

当製品の販売価格は、現行機種と同一の437,800円(税込/送料別)とし、10台限定での発売となります。
オープンレジンとは、3Dプリンターは基本的にメーカー純正レジン(材料)を使用することを推奨しており他社製レジンを使用できない設定の製品もありますが、オープンレジン化された3Dプリンターであれば他社製レジンも使用することができるようになります。
オープンレジンによって、国内市場でニーズの高い「耐候性」や「耐薬品性」などに優れたレジン開発が進むと、期待されています。

オープンレジンを可能にする「スマートタグ」が3Dプリンターに付属されます。

試作品製作がメイン用途となるアクリル系レジン。試作用途以外の実用的なレジンの開発を急ぐ。

 

日本市場に特化した材料開発を急ぐ、XYZプリンティングジャパンが限定10台で発売開始した、オープンレジン対応高性能光造形3Dプリンターに注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 セミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG