facebook

AutoCAD LTが販売終了!?ユーザー別対応方法を解説します

AutoCADシリーズの製品構成が2021年5月7日から変更されました。

実質値下げでお買い得になったのですが、製品名や構成が変わって混乱しやすいので、既存ユーザーさん別に整理しました。

新しい製品構成の変更点

AutoCAD LT及びAutoCAD LT with Cals Tools

新規は販売終了します。更新はAutoCAD LTが59,000円/年(税抜)、AutoCAD LT with Cals Toolsが75,000円/年(税抜)で継続します。

AutoCAD including Specialized Toolsets

名称が「AutoCAD Plus」に変更されますが、内容に変更点はありません。更新も190,000円/年(税抜)で継続します。

新設された「AutoCAD」

以前までAutoCAD including Specialized Toolsetsに含まれていたAutoCADが単体で販売開始されました。価格もAutoCAD LTと同等の65,000円/年(税抜)となります。つまり、AutoCAD LTの価格で新たに「パラメトリック機能」、「CAD標準仕様」や「モデリング機能」などが使用できます!

既存AutoCAD LTユーザー様

AutoCAD LTの更新59,000円/年(税抜)に少しの追加料金で、新たな「AutoCAD」が手に入ります。

初年65,000円/年(税抜)、2年目以降62,000円/年(税抜)

この年間3,000円の差額で「パラメトリック機能」、「CAD標準仕様」や「モデリング機能」が使用できるので、大変お買い得です!

既存AutoCAD LT with Cals Toolsユーザー様

CALS Tools(SXF変換ツール)は、新しい AutoCAD の特典として Autodesk App Store より無償でダウンロードいただけます。つまり、75,000円/年(税抜)で更新するよりも、新たな「AutoCAD」を購入する方が、安くて機能が増えます。

これは切り替えない理由が無いですね!

既存AutoCAD including Specialized Toolsetsユーザー様

名称が「AutoCAD Plus」に変更されますが、内容・価格に変更はありません。今まで通り「Mechanical ツールセット」や「Raster Design ツールセット」などを使用して業務の効率化を進めていただけます。

ソフトウェアを切り替える場合

移行プランなどは用意されていませんので、新たな「AutoCAD」、「AutoCAD Plus」に切り替える場合は全て新規購入になります。そのため、既存のライセンスは終了日まで継続されるのでご注意下さい。

新しいAutoCADを学ぶには

Bizroad AutoCAD基礎セミナーがおすすめ!

https://bizroad-svc.com/autocad/

他社ソフトとの機能比較

AutoCADBricsCAD ProIJCAD Pro
ダイナミックブロック
(編集のみ)
クラウド接続×
LISP, VBA, BRX(ARX)& .NET
DWF 2Dと3Dへのエクスポート×
サードパーティ製アプリケーションへのアクセス×
3Dダイレクトモデリング
レンダリング、素材およびライティング×
フリーフォーム 3Dモデリング×
パラメトリック機能×
価格(税抜)65,000円/年72,000円/年100,000円/永久

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 セミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

AutoCAD LT
最新情報をチェックしよう!
法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG