facebook

CADBOYとは?上位互換品についても紹介

もしあなたが「CADBOY」に興味があるなら、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

  • ネットで「CADBOY」と検索しても全然情報が出てこない
  • CADBOYってそもそも今は使えるの?
  • CADBOYに関する情報が少なすぎ!!

CADBOYに興味がある人であれば、一度は考えたことのある疑問なのではないでしょうか。そろそろ疑問を晴らしておきたいですよね?

そこで今回の記事では、CADBOYについて絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。この記事を読むことによって、CADBOYの現状やCADBOYの上位互換品がわかりますよ。記事を最後まで読んだ頃には、CADBOYの現状について悩むことは、もうなくなるでしょう。先に結論から言うと、今回紹介するのは以下のような内容になります。

  1. CADBOYとは?
  2. CADBOYの現状
  3. CADBOYの上位互換品

ではそれぞれの内容について、詳しく紹介しましょう。

CADBOYとは?

CADモジュールに加え、多様なオプションから構成されたNCプログラム作成支援システムです。現在は上位互換品にとって変わっているため、公には販売されていません。ただ、中古の切断システムなどに付属されることが多いので、使う機会はゼロになっていません。

CADBOYのサポート契約

先述したようにCADBOYは現在は上位互換品にとって変わっているため、公には販売されていません。ただ、中古の切断システムに付属されることが多いので、使い機会はゼロになっていません。そのためか、サポート契約はまだ販売元である「テイクソフト」から提供されています。

サポート内容

「テイクソフト」から提供されているCADBOYのサポート内容と特徴は以下の通りです。

  • サポートセンターの利用
  • マニュアル紛失時の提供
  • 各種情報のメール配信
  • パソコン故障時の代替対応
  • 保守期間が存在する
  • サポート契約への申込み方法は少々面倒

ではそれぞれの内容について詳しく紹介しましょう。

サポートセンターの利用

CADBOYに関するあらゆるトラブルの解決を、専任スタッフが電話・Fax・Email・インターネットにて、迅速に対応してくれます。

プログラムディスク破損による交換

プログラムディスク(マスターCD)の破損や損失等することもあるでしょう。その場合、新しいディスクを無償にて提供してもらえます。

マニュアル紛失時の提供

操作マニュアルを破損・紛失した場合、あたらしいマニュアルを提供されます。

各種情報のメール配信

サービスバージョンアップ情報や展示会情報、優待販売情報などのメールを配信してくれます。

パソコン故障時の代替対応

ソフトをいれたパソコンが故障し、修理にかかる間、代替品をお貸し出しするサービスもあります。

保守契約期間

サポート契約の申込み受付日の翌月 1 日より 1 年間月額払いになります。そして解約申請を行うまで継続されます。なお、解約申請は継続 1 年経過後より可能になります。

サポート契約への申込み方法

年額払いを希望の場合は、サポート契約申込書(年額払い用)をもらって、必要事項を記入の上、振込み後、0797-34-7072 までFAX送付することになります。月額払いを希望の場合は、サポート契約申込書(月額払い用)をもらって口座振替依頼書に必要事項を記入の上、郵送しましょう。

CADBOYの上位互換品とは?

先述したようにCADBOYは現在は上位互換品にとって変わっているため、公には販売されていません。ではその上位互換品とは何なのかというと、「SheetPartner」になります。SheetPartnerは、低価格・多機能・少ない操作で、初心者にも簡単に使える板金用2次元CAD/CAMシステムです。本ツールでは、基本モジュール(CADパーツ)はもちろんのこと、追加モジュールとして、レーザー、プラズマ、ガスなどの各種切断機用CAM、自動ネスティングなどを使用します。作業内容に応じて、モジュールを組み合わせることができます。つまり設計(CAD)から見積書作成まで幅広い用途に使用することができるわけです。そんな上位互換品である「SheetPartner」には以下のような特徴があります。

  • 操作回数の低下できる
  • 手作業チェックの軽減ができる
  • トータルコスト削減が実現可能
  • そこそこのPCスペックで動く

それぞれの内容について詳しく紹介しましょう。

操作回数の低下できる

各機能の操作回数を減らすことができます。それによってオペレーターの負担を大幅に軽減しています。結果的に作業効率が大幅に向上し、よりクリエイティブなデザインができることでしょう。

手作業チェックの軽減ができる

部品登録やNCデータ作成時には、各種チェック機能により入力ミスや処理ミスを防ぎます。これにより、手作業によるチェックの負担が軽減され、正確なデータを作成することができます。

トータルコスト削減が実現可能

設計からNCデータ作成まで、様々な便利な機能が用意されているため、様々ニーズに対応。一貫したサポートを提供してくれます。「労力」と「時間」を大幅に削減することで、トータルコストを削減することができるでしょう。

そこそこのPCスペックで動く

本ツールの推奨動作環境は以下のようになっています。参考にしてみてください。

OS Windows7 pro/Windows8(8.1) pro/Windows10 pro ※32bit・64bit対応
CPU IntelR Core i3以上
メインメモリ 8GB以上(4GBでも動作しますが、起動時遅くなる場合あり)
ストレージ HDD 100GB以上
グラフィックカード 必要なし
解像度 最小1280×1024以上/推奨フルHD 1920×1080以上)ノートパソコンの場合は必ずフルHDが必要)

そこそこのPCスペックが動くようになっているのは嬉しいポイントです。

まとめ

以上、CADBOYについて興味がある方に向けて、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?解説してきた内容を改めてまとめますと、以下のようになります。

  • CADBOYは現在は上位互換品にとって変わっているため、公には販売されていない
  • 中古の切断システムなどに付属されることが多い
  • CADBOYを使う機会はゼロになっていない

仮にCADBOYを使うのであれば、「テイクソフト」から提供されているCADBOYのサポート内容を利用するのがベターです。サポート内容と特徴は以下の通りです。

  • サポートセンターの利用
  • マニュアル紛失時の提供
  • 各種情報のメール配信
  • パソコン故障時の代替対応
  • 保守期間が存在する
  • サポート契約への申込み方法は少々面倒

そして、CADBOYの上位互換品である「SheetPartner」には以下のような特徴があります。

  • 操作回数の低下できる
  • 手作業チェックの軽減ができる
  • トータルコスト削減が実現可能
  • そこそこのPCスペックで動く

CADBOYの現状はもちろんこと、上位互換品についても理解いただけたと思います。もしCADBOYについて興味があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。

ネスティングに欠かせない高機能ソフトウェア【無料体験受付中】

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 セミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CADBOY
最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG