facebook

3D CAD/BIM・3DCGファイルみえる化ソリューション「mixpace Remote Rendering」とは?!

こんにちは!Chisatoです。
本日は、3DCAD/BIM・3DCGファイルのAR/MRみえる化ソリューション「mixpace」に関するtopicsです。

株式会社ホロラボは、同社が開発・提供を行う3DCAD/BIM・3DCGファイルのAR/MRみえる化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」にAzure Remote Renderingサービスを組み込んた「mixpace Remote Rendering (ミクスペース・リモート・レンダリング)」(略称:mRR)を開発し、3月から順次一般ユーザーへの提供を開始しました。

mixpace Remote Rendering全体構成

mixpaceとは?!

「mixpace」は、3DCAD/BIM・3DCGファイルのAR/MRみえる化ソリューションです。
手軽に3D CADやBIMで作成したデータをAR/MR対応デバイスで確認が可能な3Dモデルに変換でき、設計、製造、建設、配置シミュレーション、施工、保守などで3Dデータを活用できます。これまで手作業で何日もかかっていた、AR/MR向けの変換作業が、最短1-2分で自動的に完了するので、作業時間の大幅な短縮が見込めます。

Azure Remote Renderingとは?!

MicrosoftのMixed Realityサービスの1つで、HoloLens 2のHPU等ローカルリソースでRenderingを実施する代わりに、ネットワークで接続されたAzureクラウド内の豊富なコンピューティングリソースにより高品質なRenderingを行い、クラウドからHoloLens 2までリアルタイムにルトリーミングします。また、3D映像のストリーミングのみならず各種インタラクションにも対応し、最高品質の3Dコンテンツと対話型エクスペリエンスを実現します。
2020年4月にMicrosoftよりPreviewが公開されたAzure Remote Renderingが2021年3月3日に正式リリースされました。このAzure Remote Renderingを使用することで、HoloLens 2単体での描画はおおよそ10万ポリゴンとされているのに対し、Azure Remote Renderingでは数千万ポリゴンから億単位のポリゴン数まで対応可能になっています。

「mixpace Remote Rendering 」提供背景

一方で、「Azure Remote Rendering」は、利用できるファイル形式がFBXまたはGLTF/GLBの2種類のポリゴン形式に限れられているため、建設業や製造業のHoloLensユーザーが期待している3D CADやBIMデータをそのままAzure Remote Renderingで利用することが出来ず、特別なプラグインや他のサービスを利用してポリゴン化を行う必要があり、一定以上の専門スキルが求められていました。
「ビル一棟を丸ごとみたい」「プラント内部の配管や設備など、詳細データと全景を同時に取り扱いたい」「広域の都市全体を高精細なMixed Realityで見たい」といったように、初代HoloLensがリリースされてから超重量級3D CAD/BIMや3DCGファイルをMixed Realityで体験したい、といったユーザーの皆さんのご要望に、主としてHoloLensの描画性能の限界からずっと応えられずにいました。
フォトグラメトリで生成された精緻なデジタルアーカイブも、Mixed Realityで体験するためにはほぼCGを作り直す必要がありました。

ホロラボでは、この課題を解決するため、同社が開発・提供を行う3DCAD/BIM・3DCGファイルのAR/MRみえる化ソリューション「mixpace」にAzure Remote Renderingサービスを組み込んた「mixpace Remote Rendering」を開発しました。

mixpaceがサポートする10種類以上の各種3DCAD・BIM形式ファイルをmixpaceのWebアプリにアップロードするだけで自動で変換処理が行われ、専用のHoloLens 2アプリからクラウド上でレンダリングされた高ポリゴンな3Dモデルをご覧できます。

従来は描画出来なかった高精細なフォトグラメトリデータ (旧都城市民会館、3000万ポリゴン)
3000万ポリゴンのフォトグラメトリをMR表示
HoloLens 2用mixpaceビューワーアプリで空間配置

「mixpace Remote Rendering」の特徴

・mixpaceの変換機能との組み合わせで3DCAD/BIMファイルをワンストップでAzure Remote Renderingの利用が可能です。
・HoloLens 2単体では難しかった100万~1億ポリゴンクラスの3Dモデルの表示が可能です。
・通常版mixpaceの約10倍のファイルサイズ(1GB程度)のデータも変換・表示が可能です。
・変換回数・利用時間に応じた従量課金制です。(初期費用別途あり)
・従量課金で気になる利用コストも、Webアプリで利用時間の管理と履歴の確認が出来るので安心です。
・従来はHoloLens 2での取り扱いが困難だったNavisworksのファイルも、自動でみえる化が可能です。

Navisworksデータ(140万ポリゴン)
現実空間に配置し自在に操作可能
(左) Navisworksの元データ (右) mRRによるMR表示

ホロラボは、Mixed Reality Partner ProgramにおけるGoldパートナーとしてMicrosoft最新技術を独自に使いこなし、mixpaceの機能拡張と、mRRのような高付加価値サービスの企画開発を積極的に進め、製造業や建設業など3Dみえる化ニーズをお持ちの皆さまのMixed Realityによる業務改革とデジタルトランスフォーメーションへの貢献を目指します。

 

1億ポリゴンを超える超重量級3DデータをHoloLens 2でみえる化する、超重量級3D CAD/BIM・3DCGファイルみえる化ソリューション「mixpace Remote Rendering」に注目です!

 

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 セミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG