facebook

DevOpsとは?読み方や意味とDevOps開発環境のメリットとアジャイルとの違い

DevOpsとは?

近年、よく見かけるのがDevOpsという言葉。DevOpsとは、Development(開発)とOperations(運用)の造語で、開発と運用のコラボレーションを意味します。

ここまでは理解している方もいるでしょうが、具体的なメリットやアジャイルとの違いなどについてご存知でしょうか。記事ではDevOpsの基礎知識について解説します。

DevOpsとは?

DevOpsとは?

DevOpsとは、Development(開発)とOperations(運用)の造語です。明確な定義こそありませんが、一般的にはソフトウェア開発チームと運用チームのコラボレーションの意味で使用されます。

DevOpsの理解でカギとなる考え方は以下の2つです。

  • 複数チームのコラボレーション
  • あらゆる作業の自動化

DevOpsが急速に広まった背景には、クラウドテクノロジーの発達が挙げられます。クラウドテクノロジーなどを活用し、コラボレーションや作業の自動化を進めるのが、DevOpsの成功には欠かせません。

言い方を変えれば、DevOpsは無駄を徹底的に省いて、ソフトウェア価値を高める文化と言えます。

DevOpsの目的

DevOpsの目的

DevOpsの目的は、開発と運用を1つのチームに統合することで、顧客満足度の高いソフトウェアを提供することです。

顧客満足度の高いソフトウェアは少し抽象的な表現となります。そこで具体的に説明すると、DevOpsは以下の要件を満たして顧客満足度を高めるのです。

  • ソフトウェアの開発スピードを上げる
  • ソフトウェアの信頼性と安定性を高める
  • 迅速な新機能の追加と改善

従来では同じソフトウェアを開発するにも関わらず、開発チームと運用チームは別々に働いていました。

各チームに求められる役割は異なり、それゆえにチーム間で対立が生じることもあったのです。

DevOpsを導入することで、開発チームと運用チームの間にある障壁を取り除け、円滑なワークフローでソフトウェア開発を行えるようになります。

そして結果的に、価値の高いソフトウェア提供につながるのです。

開発担当(Dev)と運用担当(Ops)の関係性

開発担当(Dev)と運用担当(Ops)の関係性

先に述べたよう、従来は開発と運用は別々に働くのが一般的でした。しかし、開発と運用では目的が下記のように異なるため、大きな対立が生じていたのです。

  • 開発:迅速なソフトウェア開発、新機能の追加
  • 運用:システムの安定稼働

例えば、開発チームはユーザーの声を反映しようと、新機能の追加を申請したとします。
しかし運用チームからすると、新機能の追加はシステムの稼働に不具合を生じさせるリスクがあるため、新機能は追加したくないわけです。

もしくは開発チームが早く製品リリースしようとした結果、コードが乱雑になり、運用に支障をきたす可能性もあります。

このように、開発と運用は利害関係が対立していました。

しかし対立した状態が続いては、価値の高いプロダクト開発は行えません。

また開発が妥協して新機能追加をやめても、運用が安定稼働を諦めても、ビジネスは成長しません。

ビジネスの成長のためには、開発と運用が妥協することなくソフトウェア価値を高めることが必須なのです。

対立関係に合った開発と運用ですが、一つだけ共通点がありました。それがユーザーを満足させるという最終ゴールです。

それを実現するために、DevOpsが誕生しました。

DevOpsでは自動化も大切です。

しかしそれよりも重要なのが、各チームが互いに尊重と信頼をして、問題が起きたら協力して解決する文化を育むこととなります。

以下がDevOpsで欠かせない文化的理念です。

  • 相手を信頼し尊重する
  • 相手のせいにしない
  • ゴールを共有する
  • 失敗から学ぶ
  • 無駄をなくそうとする

DevOpsとアジャイルの違い

DevOpsとアジャイルの違い

以前はソフトウェアのアップデート回数は年に1回程度でした。しかし、アップデートの回数が少ないと、下記のようなデメリットが生じます。

  • 変更点が多く品質やスケジュールリスクが高い
  • 即座に顧客のニーズに応えられない

特に現代では顧客のニーズは急速に変化します。迅速にニーズに対応しなければ、競合に追い抜かれてしまうのです。

こういったデメリットを解消したのがアジャイル開発となります。

簡単にアジャイル開発を説明すれば、生産性や品質を落とすことなく、迅速にソフトウェアのリリース・アップデートを行う手法のことです。

アジャイル開発の大きな特徴は、最大1か月の反復を繰り返し、開発を続けることになります。

反復のたびに機能の追加や改善を行い、常にソフトウェアを改良させるのです。

初めから完璧を求めるのではなく、一定の水準に達していれば、どんどんリリースと改善を行う開発手法となります。

アジャイルは「開発手法」であるのに対し、DevOpsは各チームのコラボレーションを促進させる「文化」です。
そして、DevOpsとアジャイルは相反するものではありません。

アジャイル開発では、短期間でアップデートを繰り返し行うため、開発担当と運用担当の協力は欠かせません。
つまりアジャイル開発を進めるには、Devopsの考え方が有効なのです。

どちらかの開発手法を取り入れるのではなく、DevOpsとアジャイルを併用することが重要となります。

DevOpsのメリット

DevOpsのメリット

世界中の企業がDevOpsを導入しており、数多くのメリットを導入しています。DevOpsのメリットは多々ありますが、注目したいのは以下の3つです。

  1. 生産性の向上
  2. 素早いリリース
  3. 品質の向上

ここでは3つのメリットについて解説します。

DevOpsのメリット1:生産性の向上

DevOpsでは、開発チームと運用チームが共同作業します。共に開発過程を構築し、責任やゴールを共有することで、生産性の高い仕事を行えるのです。

例えば両チームがコラボレーションすることで、運用環境を考慮したコード記述が可能になります。すると、引き渡し時間の短縮やコード修正減少などにつながるのです。

開発と運用が共に働くことで、スピーディーで無駄のない開発を行えるようになります。

DevOpsのメリット2:素早いリリース

DevOpsでは、ソフトウェアリリースまでの期間が短いです。要件が不安定であってもリリースを行い、ユーザーの声やニーズに合わせて改善を行います。

定期的にアップデートを行うため、無駄な開発の短縮や修正時間の削減などにつながるのです。

またユーザーの声を迅速に反映できるため、市場でも優位に立ちやすいです。

DevOpsのメリット3:品質の向上

DevOpsでは作業の自動化が重要となります。適切に進められたDevOpsでは、あらゆる作業が自動化されるため、人間の手によるミスが少なくなります。

また短期間での反復を行うため、ミスの早期発見と改善も可能です。

DevOpsとは?DevOpsのメリットとアジャイルとの違い まとめ

DevOpsについて解説しました。重要なポイントをもう一度振り返ります。

  • DevOpsとは開発担当と運用担当のコラボレーション
  • DevOpsで重要なのは、多くの作業の自動化
  • DevOpsの考え方はアジャイル開発で有効
  • DevOps導入で生産性と開発スピード、品質が高まる

DevOpsが目指すのはシンプルで、徹底的に無駄をなくしてソフトウェア価値を高めることです。

急速に変化が進む現代では、DevOpsは大きく役に立ちます。DevOpsで最も重要なのは、開発と運用の信頼関係であり、まずは信頼と尊重の文化を育みましょう。

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 セミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

Devopsとは?
最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG