facebook

抗ウイルス・抗菌機能を有した「3Dプリンタ向け熱可塑性プラスチック材料」開発へ!

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、DIC株式会社が開発した、抗ウイルス・抗菌機能を有した3Dプリンタ向け熱可塑性プラスチック材料をご紹介します。

DIC株式会社は、印刷インキ、有機顔料、PPSコンパウンドで世界トップシェアの化学メーカーです。
抗ウイルス・抗菌性に作用する熱可塑性プラスチック材料(以下フィラメント)の開発は国内初です。
本製品は、国際標準化機構(ISO)が規格する抗ウイルス性および抗菌性の国際標準に準じた試験において効果が確認されており、製品の表面に付着した特定のウイルスや菌の増殖を抑え減少させることが可能です。

抗ウイルス・抗菌機能を有した3Dプリンタ向け熱可塑性プラスチック材料(フィラメント)
3Dプリンタによる造形品のイメージ

開発背景

3Dプリンタ材料市場は、造形方法における技術革新の進展や材料の多様化・高機能化、造形品の試作品から最終製品へのさらなる適用拡大といった要因から大きく伸長しています。世界市場の成長率は2018年から2023年まで年平均+21.2%で推移する見込みであり、2023年の市場規模は約4,751億円になると予測されています。
一方、新型コロナウイルスの感染拡大が続く状況下においては、消費者の衛生面への関心の高まりから医療施設や公共施設だけでなく日常生活のあらゆる場面においても、抗ウイルス・抗菌製品の使用を求める声が多くなっています。

新フィラメント特徴

今回開発した3Dプリンタ向けフィラメントは、抗ウイルス・抗菌機能を有した熱可塑性ポリウレタン樹脂(以下、「TPU樹脂」)を採用しています。TPU樹脂は柔軟性や耐摩耗性を有することから、フェイスシールドやマスクなど医療や衛生用途での活用が期待できます。それ以外にもウイルス感染対策が求められ、かつお客様のニーズに応じてカスタマイズが必要な造形品への展開が可能です。
今後は、電子・電気、スポーツ、日用品、住宅・建材、自動車など幅広い業界への展開を視野に入れ、2021年度中の販売を目指しています。

 

国内初、ISOによる抗ウイルス・抗菌性試験で効果を確認した、3Dプリンタ向け熱可塑性プラスチック材料に注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG