facebook

XYZプリンティングジャパン、群栄化学工業社の自動車業界向け3Dプリント材料を出力素材に認定へ!

Chisato Technical Topics

設計製造・AI・IoT・DXバーチャルオンライン展示会

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、XYZプリンティングジャパン株式会社が保証サポートサービスを開始した、群栄化学工業株式会社が開発・販売してい3Dプリンター材料「CB50」をご紹介します。

コンシューマー向け3Dプリンター出荷台数グローバルシェアNo.1の実績を誇る、XYZプリンティングジャパン株式会社(以下 XYZ社)は、群栄化学工業株式会社が開発・販売してい3Dプリンター材料「CB50」について純正パウダー同様の保証サポートサービスを、2020年12月9日より開始しました。

サービス提供背景

XYZ社はこれまで自社で企画・開発・生産された自社純正3Dプリント材料のみを原則メーカー保証対象としてきました。しかし3Dプリンター市場における使用用途は多岐に渡り、自社純正材料のみで市場ニーズに全て対応することは困難となってきました。特に国内自動車業界で要望が高い「検査治具」に利用可能な3Dプリント材料開発は専門的なノウハウが必要とされます。
そこで自動車業界における材料開発で高いノウハウを持つ群栄化学工業社のレーザー焼結式 3Dプリンター材料「CB50」に着目しました。XYZ社のレーザー焼結式3Dプリンター「MfgPro230xS」の純正パウダー同様、保証対象として利用できる材料として採用することを決定しました。

「CB50」保証サービス内容

CB50はナイロンとカーボンが配合された高い剛性を誇る特殊素材です。トヨタ社のシエンタの検査治具として活用されるなど、自動車業界での運用実績もある需要が高い材料です。
XYZ社はCB50向けの最適なパラメータ値を提供、群栄化学工業社とも協力しながらMfgPro230xSでの高精度造形を全力でサポートしています。また同素材利用においての不具合発生時も、自社純正材料と同一の保証サービス内容を提供しています。

XYZ社が保証サポートサービスを開始した、群栄化学工業株式会社の自動車検査治具用材料「CB50」に注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG