facebook

フィラメント溶融方式3Dプリンターの常識を覆す、超微細 0.1mmノズルとは?!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。

本日のtopicsは、テクダイヤ株式会社と株式会社久宝金属製作所が共同開発した、先端穴径0.1mmの3Dプリンティング用ノズルをご紹介します。

久宝金属製作所は、2020年9月24日・25日開催の「フォームネクストフォーラム東京2020」にて0.1mmノズルを搭載したフィラメント溶融方式3Dプリンター「Qholia」の造形デモを実施し、2020年11月(予定)より販売を開始します。その後、テクダイヤでも3Dプリンティング用ノズルを順次一般販売を開始する予定です。

開発の背景

フィラメント溶融型3Dプリンターのノズルの先端穴経は0.4mmが標準です。穴径は小さくなるほど精巧なプリントが可能ですが、従来のフィラメント溶融型3Dプリンターでは0.2mmが安定して出力できる最小径とされていました。更なる微細造形を求めるユーザーの声に応えるべく、3Dプリンターの専門家である久宝金属製作所と、ディスペンサーノズルの専門家であるテクダイヤが共同し、これまでの常識を覆す3Dプリントに最適な0.1mmノズルを開発しました。

光造形方式用データを0.1mmノズルで出力

Qholiaとは!?

久宝金属製作所の国産3DプリンターQholiaは、開発者本人による丁寧なサポートが特徴です。お客様の声が直接開発者に届くことを活かし、常にハード、ソフトを改善し続けています。今回の0.1mmノズルのように、改善は既存のユーザー様にも適用できる形で提供しています。購入時に選択可能なノズルラインナップは、0.2、0.3、0.4、0.5mm。今後、テクダイヤ製0.1mmノズル、0.15mmノズルも追加予定です。

国産3Dプリンター「Qholia」

テクダイヤと久宝金属製作所が共同開発した超微細0.1mmノズルに注目です!

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG