facebook

AutoCAD Mechanicalとは?AutoCADとの違いや特徴を紹介!

キャド研

AutoCAD Mechanicalは、AutoCADへ機械設計用の機能が追加された製造業向けの2次元CADです。
機械製図などを行いやすく、作業にかかる時間を大幅に短縮できると評判があります。
ここでは、AutoCAD Mechanicalの特徴についてやどのようなポイントが機械設計で使いやすいのかについて触れつつ、AutoCAD Mechanicalの入手方法のほか、ベースとなるAutoCADとの違いなどをご紹介します。

AutoCADとAutoCADMechanicalの違いとは


世界で一番のシェアを誇るAutoCADは、3次元機能が搭載されたCADです。
企業間の図面データを受け渡す際にはAutoCADで使われるデータ形式のDWGファイルが世界の主流となっているほどで、幅広い業種や分野で使われてきました。
図面作成に必要な機能が揃っていて、機械や電気、建築や土木などの分野で使用できるように設計されているため、専用ツールではない汎用性の高さが魅力です。
一方のAutoCADMechanicalは、AutoCADの機能に加えて機械設計専用の機能が搭載されたCADです。
AutoCADを機械設計に使う場合にはカスタマイズを行いますが、AutoCADMechanicalはそのまま使用できます。
汎用CADは経験値や熟練度によって作成時間に大幅な差が生まれると言われていますが、AutoCADMechanicalは通常複雑な処理や編集が必要な作業でも、容易に操作を済ませられるのが大きな魅力です。
機械設計の分野で作図の効率化を図れますし、シンプルな操作感で経験が浅いユーザーでも利用しやすいと言えるでしょう。
例えば、画層管理機能では幅広い線の種類で構成される図面の作画がスムーズに行えますし、画層ごとで作図を行えるので混乱しにくく、作図のミスが発生しにくくなります。
隠線処理も自動でAutoCADMechanicalが行うので、手書きで再作図を行う手間も最小限に抑えられるでしょう。

AutoCADMechanicalの特徴や機能を紹介

AutoCADMechanicalは作業時間を短縮する機能が多く搭載されています。
正確な作画をスムーズに行うための専用編集ツールを搭載し、波線や中心線の形状や書き方を選択すれば、イメージ通りの作画を素早くできるのが大きなポイントです。
加えて、機械図面には数多くのパーツが含まれ、一からの作図は時間がとてもかかりがちです。
AutoCADMechanicalには標準規格の作成済みパーツが挿入できる機能があるため、パーツの作図は必要ありません。
70万点以上のパーツや形状の中から選択して、作成している図面へ挿入するだけで必要ない部分が自動的に削除されるので、後で再編集する手間や時間も大幅に短縮できます。
部品表示機能も優れていて、機械図面で一般的となっている表現方法で図面の作成が可能です。
用途ごとに部品表を作成したり、階層構造を持つ部品構成を作ることもできます。
リスト作成や部品構成で挿入したパーツをAutoCADMechanicalのパーツライブラリから選んだ場合には、挿入の時点で自動的にリスト化し一元化された設計データで管理されますので、図面作成後にも図面やリストの更新が簡単です。
パーツの属性を追加するなど表示形態のカスタマイズは誰にでも分かりやすい設定画面で、シンプルな操作で容易に行えるでしょう。
標準パーツにはない処理を施している場合や複雑な処理を必要とする場合などでは、カスタムコンテンツライブラリへの登録を事前に終了しておけば、必要な時に呼び出しを行って使用できます。
部品リストと関連したバルーン表示も自動で行われるため、ミスの削減になり作成が手軽です。

メカニカルジェネレータとカリキュレータツール

メカニカルジェネレータとカリキュレータツールでは、チェーンやベルト、ばねのほか、軸と呼ばれるシャフトやパーツの運動特性を任意で変えられるカムを設計します。
設計条件に適した数値を入力すれば、自動的に適切なサイズや形状が算出されるので、設計にかかる時間が少なくなるでしょう。
後で修正したい場合にも、数値の変更を記入するだけで機械要素類の形状やサイズが適切に更新されます。
また、機械設計では安全性を重視するのが基本です。
作成中の設計について安全性の確認を行うために、軸受けやネジ・ボルトなどに関しては、計算解析機能が搭載されています。

寸法編集機能

AutoCADMechanicalの機能で特に強力なのが寸法編集機能とされていて、効率的に寸法が記入できると評価が高いです。
ダイアログボックスで矢印表示方法や加工工程で発生する誤差を指定の範囲内に留めるための公差を指定すれば、指定に沿った寸法を記入したり編集したりする作業が手動ではなく自動的に終了します。
いくつかの寸法線を均等に並べるなど、繊細な寸法配置に関しての編集作業も自動です。
検査寸法記入機能も搭載されていますので、検査用標準値の設定もすぐに行えるでしょう。

AutoCADMechanicalを使用するには


作図者だけでなく、プロジェクト全体でAutoCADMechanicalによって得られるメリットは大きいです。
例えば、作図や注釈作業にかかる時間が少なくなり、使用コマンドが削減され、設計やエンジニアリング作業がスムーズに行えるなどのメリットがあり、全体の作業時間が短縮されます。
機械図面は必要に応じて修正を必要としますが、編集や修正作業の多くが自動で行われるため、スムーズに対応できるでしょう。
AutoCADMechanicalは機械設計で優れた機能を持つCADですが、2018年3月21日でリリースが終了しました。
しかし、2019年3月にリリースされたAutoCAD2020は7種類のツールセットが利用できる仕様で、各業種別の専用ツールを搭載しているのが特徴です。
7種類のツールセットは建築設計や電気制御設計のほか、3Dプラント設計などが用意されていますが、機械設計の分野ではAutoCADMechanicalの機能が利用できるMechanicalと呼ばれるツールを使用すると良いでしょう。
AutoCADMechanicalを使うには、AutoCADでサブスクリプション契約を締結する必要があります。

ライセンス契約の月額費やプラン

ライセンス契約は月額の契約だけでなく、1年契約と3年契約が存在するので、自分に適した契約内容を選択しましょう。
シングルユーザーライセンスであれば、スタンドアロン版の契約は月額で26,400円、1年契約は209,000円、3年契約は564,300円です。
年契約は月ごとの契約よりもかなりお得な金額で利用でき、月額換算すると1年と3年契約では20,000円以下でAutoCADMechanicalを使えます。
AutoCADとのライセンス契約を結べば、AutoCADMechanicalを必要とする契約者が利用することが可能になり、利用方法について分からない場合やトラブルが起きた時にはサポートを手厚くしてもらえるのがポイントです。
トラブルの際にはチャットやメールだけでなく、電話対応も受けられるので安心感があるでしょう。
サブスクリプション契約はAutoCADをリリースしているオートデスクのホームページで行うか、契約代理店で行うかの2通りがあります。
ただし、AutoCADMechanicalについては利用環境がWindows版のみリリースされている点を十分に考慮する必要があるでしょう。
AutoCADそのものに関してはWindowsとMac OSの両方で利用できます。
Mac OSでAutoCADMechanicalをどうしても使用したい場合にはWindowsで仮想環境の動作を可能にさせるツールを使用すれば利用できる可能性はあるでしょう。
無償体験版のダウンロードがオートデスクのホームページからできるので、使用感を試してから使うのが良い方法です。
また、学生や教育機関で利用する場合にも、オートデスクのホームページから無償で入手できます。

無償体験版で試してから使いましょう


AutoCADMechanicalは機械設計の分野で使いやすい専用ツールです。
作業効率を良くし、CADの操作に不慣れなユーザーでも比較的容易に操作できるほか、ミスが少なくなるなどのメリットが高いことが知られています。
利用にはAutoCADとライセンス契約を結ぶ必要がありますが有償のため、まずは無償体験版を利用してみてから使用するか考えると良いでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG