facebook

使いやすく耐久性のあるデスクトップ3Dプリンター「Raise3D E2」をご紹介!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、Raise3Dシリーズの最新機種でありながら手頃な価格で、生産を向上でき、新しい製造リソースとして活躍する3Dプリンター「Raise3D E2」をご紹介します。

ファブマートでのご購入はこちら

Raise3D E2の特徴

コストパフォーマンスに優れたデスクトップ型3Dプリンター「Raise3D E2」には以下の特徴があります。

IDEX(独立型デュアルエクストルーダー)による同時造形

Raise3D E2は、2つのヘッドが独立して動く独立型デュアルエクストルーダーを搭載しています。
2つのモードによる同時造形が可能です。

・ミラーモード
対象の3Dモデルと左右対称のモデルを生成し、生産性を高め、印刷時間を短縮します。

・複製モード
両方のエクストルーダーで同じモデルを同時に印刷し、生産能力が倍に向上します。

自動ベッドレベリング

造形プラットフォームの水平を測定し、自動でノズルとベッドの間の距離を維持し、均一なビルドエリアに調整します。
エクストルーダーが造形表面の小さな変化にも対応できるようにすることで、ベッドの接着力と造形品質を向上させます。

業界初のビデオアシストオフセット キャリブレーションシステム

Raise3D E2が問題なくキャリブレーションされていることを確認するため、シンプルなビデオによるガイドを行います。
ビデオアシストによるキャリブレーションを行えば、より造形精度を高めることが出来ます。

大きなビルドボリューム

Raise3D E2は広い造形エリアを持ち、大きめの造形サイズにも対応することができます。

最大造形サイズ
シングルヘッド造形時: 330×240×240 mm
デュアルヘッド造形時: 295×240×240 mm

安全機能と省電力ボタン

Raise3D E2には安全機能が備わっており、ドアの開閉が自動的に検出されます。ドアが開いたときはすぐに印刷が一時停止され、ユーザーの安全が確保されます。
また、タッチスクリーンとLEDライトをオフにして、エネルギーの消費を抑えられます。

柔軟性のあるビルドプレート

Raise3D E2は従来モデルと違い、柔軟性のあるビルドプレートを採用しました。
フレキシブルなビルドプレートから造形物を簡単に取り外すことができるので、造形物の損傷を最小限に抑えることができます。

次世代モーションコントロール

NXP ARM Cortex-A9 Quad 1GHzコントローラ搭載しました。スムーズな駆動で、精度の高い造形を実現します。

直感的なユーザーインターフェース

Raise3D E2は難しい操作が必要なく、初めて3Dプリンターを使う方も安心して動かすことができます。

・見やすいインターフェース
・7インチの大型タッチスクリーン
・画面アシストによる一目で分かる進捗状況
・様々な制御設定と造形モデルの選択による豊富な調整機能

停電復帰機能

突然の停電ででも、停電前のタスクの進捗状況を自動的に保存する復帰機能により、安心して造形を再開できます。

HEPAフィルター

微細なナノ粒子を取り除き、環境に優しい設計。造形中のにおいを低減させ、快適な造形をサポートします。

造形精度

対応フィラメントについて

汎用プラスチックからエンプラまで、合計20種類以上のフィラメントを使用可能です。
Raise3D 日本OFP(オープンフィラメントプログラム)でメーカーの認定を受けたサードパーティ製フィラメントは、純正品と同様に保証対象となります。
また、従来モデルではゴムライク系の造形に専用ノズルが必要でしたが、Raise3D E2は通常ノズルで出力が可能となっています。

<フィラメントの種類>
PLA/ ABS/ HIPS/ PC/ TPU/ TPE/ PA/ PETG/ ASA/ PP/ PVA/ など

ファブマートにて、取り扱い中の対応フィラメントはこちら

製品仕様

・造形サイズ(幅×奥行き×高さ)
シングルヘッド造形時: 330×240×240 mm
デュアルヘッド造形時: 295×240×240 mm
・本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 607×596×465 mm
・本体重量     30kg
・電源         入力: 一般100-240V, 50/60Hz 、 出力: 350W,24V
・造形方式     FFF (Fused Filament Fabrication/熱溶解フィラメント製法) 方式
・プリントヘッド    独立デュアルエクストルーダー(IDEX)
・フィラメント直径 1.75mm
・位置決め精度     X軸 / 0.78125、Y軸 / 0.78125、Z軸 / 0.078125 micron
・出力速度     30〜150 mm/s
・ビルドプレート フレキシブルビルドプレート
・最大プラットフォーム温度 110 ºC
・プラットフォーム材質     シリコン素材
・プラットフォームの水平調整 オートキャリブレーション
・積層ピッチ    0.02-0.65mm(0.4mmノズルは0.02-0.3mmが推奨)
・ノズル径    0.2/ 0.4/ 0.6/ 0.8mm
・最大ノズル温度   300 ºC
・動作騒音    50 dB以下
・接続方法    Wi-Fi、LAN、USB、Ethernet
・スライスソフト   ideaMaker
・入力ファイル形式  STL/ OBJ/ 3MF
・操作システム    WindowsXP以降、Mac OS10.7以降、Ubuntu14.04以降
・出力ファイル形式  Gcode

 

独立したデュアルエクストルーダーを備えた、高性能エントリーモデル3Dプリンター「Raise3D E2」に注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG