CADの教育をするのにおすすめサービスはコレ!新人教育もコスパを重視しよう

キャド研

新卒採用やキャリア採用で新人を迎え入れたときにいかにしてCADを学ばせるかが大きな課題となっていることは珍しくありません。
戦力として働いてもらうためにはもっと高いレベルの技術を習得してもらわなければならないけれど、現場教育が難しくて困っていることもあるでしょう。
その際に有用なセミナーの活用について紹介するので参考にして下さい。

CADの新人教育における課題

CADの新人教育は多くの現場で重要課題となっていますが、なぜ困難が生じてしまっているのでしょうか。
CADの新人教育における課題についてまずは理解を深めておきましょう。

必須スキルでも実用レベルのスキル習得者は少ない

採用した職種によってはCADのスキルを持っていることが必須の場合があります。
新卒採用でも中途採用でもCADを使った経験がある人を採用しようとするのが一般的ですが、実際に採用してみると現場で実用できるレベルのスキルを持っていないということは珍しくありません。
専門性が高い仕事を担うことになるため、現場に特化したスキルも求められるからです。
即戦力のスキルを持っている人材を探そうとすると困難になりがちで、人材獲得すら実現できないリスクがあることから妥協して採用していることも多く、教育の必要性が高くなっています。

新卒の場合には一からの指導が必要になりがち

中途の人の場合には違う現場でCADを使ってきた経験があり、慣れたら現場で十分に実務を担えるようになることもあります。
しかし、新卒を採用する場合にはCADをかじったことがある程度で実務応用には到底及ばない程度のスキルしか持っていないのが普通です。
現実的には一からの指導が必要になることが多く、どのようにして教育していくかが大きな課題になってしまっています。

社内の人材による教育では時間もコストもかかり過ぎる


CADの研修を社内で開いて新人を実務に耐えられるレベルまで引き上げようという考え方もあります。
しかし、CADは専門的な技術なので、教育をさせるのが技術職の人にならざるを得ません。
教育が可能な人となると相当の経験を積んでいなければならないことが多く、教育にかかるコストが高くなりがちなのも課題です。
また、技術職の人は必ずしも教育が得意だとは限らず、コストパフォーマンスも低いことがあります。
パフォーマンスが低いと時間もかなりかかってしまい、新人が戦力になるまでにあまりにも月日がかかるのも問題になるでしょう。

バックグラウンドを問わない訓練体制が必要

CADの実践訓練をする方法を定式化してルーチンで行えるようにする上で大きな課題として挙げられるのは、新人のバックグラウンドがあまりに違うことです。
現場によって方針は違うものの、CADの知識があれば採用するというくらいの場合もあれば、実務経験を求める場合もあります。
知識や実務といってもかなり幅が広いので人によって能力的な差があるでしょう。
それを問わずに教育研修を終えたら戦力になるように内容を組み立てなければならないのが難しい問題となっています。

教育は投資なのでコストパフォーマンスが重要視される

教育は投資の一つなので新人にCADを習得してもらうためにコストをいくらかけても売り上げには直結しません。
それでもCADが必要な職業で働かせるのならきちんと育て上げないと役に立たない人材になってしまいます。
その教育にかけるコストと、将来を考えて得られる利益とを天秤にかけて高いコストパフォーマンスを発揮する方法を選ばなければならないのも方針を決める上で大きなハードルになっています。

新人教育の基本方針との兼ね合いも考慮することが必須


新人教育をどのようにして行っていくかも現場によって異なります。
OJTを基本としている場合にはまとまった研修期間を設けるのは困難でしょう。
逆に期間を設けて新人教育を終えてしまい、現場に立ったときには戦力になっているようにするという方針のこともあります。
このような方針との兼ね合いも考えてどのようなやり方をするかを決めなければならないのも悩ましい課題です。

外部サービスによる教育の魅力

このような新人教育を取り巻く課題を解決する方法として魅力的なのが外部サービスによって教育を行う方法です。
具体的にどのようなメリットがあって、どんなサービスを使うと良いのかを確認していきましょう。

外部サービスなら社内負担が少ない

外部サービスのメリットとして当然ながら社内負担が軽減されます。
手配などのコストはかかりますが、実施内容を策定したり、教育担当として技術職の人に担当させたりする必要がありません。
ノウハウに基づいて秀逸な仕上がりになったカリキュラムに基づいた教育を受けることができます。
ルーチンとして取り入れてしまえば新入社員に必ず同じ内容の研修を実施する体制も整えられるでしょう。

基礎から実用レベルまで引き上げる訓練が可能


外部サービスによるCAD教育の内容は個々に異なりますが、幅広いニーズに応えられるようにするために基礎を学ぶことから始めて実用レベルまで引き上げるカリキュラムを設けているのが一般的です。
内容がコンパクトにまとまっていて、実践的なトレーニングもできるので短期間で戦力に育て上げることができます。

新人教育の方針に応じた方法を選択できる

外部サービスによるセミナーは会場受講、ウェビナー受講、Eラーニング受講から選ぶことが可能です。
会場受講でまとまった期間に新人教育を受けさせることも、ウェビナーで他の教育もオンラインで受ける仕組みを作ることも、OJTで訓練を受けながらEラーニングで学ぶこともできます。

Fusion 360 CADセミナーは法人におすすめ

Fusion 360 CADセミナーは新人教育で悩んでいる現場で導入するのにおすすめなCADのセミナーです。
Fusion 360 CADセミナーは会場、ウェビナー、Eラーニングの全てが選択肢になるので現場に応じた選択ができます。
新卒教育はウェビナーでまとめて実施し、中途採用は個々にEラーニングで受講させるといった方針を立てることもできるでしょう。
会場やウェビナーでの受講は3日間で完了し、Fusion 360の使い方から基本的なモデリングの方法を一通り身に付けられるカリキュラムになっています。
アセンブリ設計や図面設計などのコマンドも実践的に習得できるので、受講を終えたら戦力として働けるようになるでしょう。
法人向けになっているので特に実用スキルを重視した内容になっているのがこのセミナーの魅力です。

CAD教育にはセミナーサービスを活用しよう


新人へのCADの教育は課題が多くていかにして行っていくかが悩みになりがちです。
社内負担を軽減しつつ、実用レベルのスキルを習得させる教育研修体制を整えるには外部のセミナーサービスを使うのが合理的でしょう。
Fusion360 CADセミナーは法人向けに設計されている実用性重視のセミナーなので、現場の状況に応じてウェビナーやEラーニングで受講させる方策を検討してみましょう。

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG