CADをEラーニングで学ぶならこのサイトがおすすめ!

キャド研

CADについて基礎から応用まで学んで実力を付けて専門の技術職になりたいという人もいるでしょう。
企業では社内の人材のレベルアップを図るためにCADを学べる機会を作りたいと考えているかもしれません。
このようなときに簡便なのがEラーニングを使う方法ですが、CADはEラーニングでも学ぶことができるようになっているのでしょうか。

CADはEラーニングで学べるのか!?

オンラインで新しいことを学びたい、資格を取得するために勉強したい、講義を受けて色々なスキルを習得したいという人はだんだんと多くなってきました。
リモートワークを取り入れる企業が急増した影響も受けて、教育や研修などに関わるサービスを提供してきた企業でもオンラインサービスを重視するようになってきています。
その流れの中で多様な資格や技術に関わるオンラインサービスが増えてきていて、よく知られているような資格や技術であれば気軽に申し込んで資格対策をしたり、スキルアップを図ったりすることができるようになっています。

CADについても例外ではなく、オンラインで受講可能なセミナーが登場してきました。
CADの資格には2次元CAD利用技術者試験や3次元CAD利用者技術者試験、建築CAD検定試験やCADトレース技能審査などに加え、AutoCADユーザーオートデスク認定プログラムなどのように特定のCADソフトに紐づいた資格も生まれてきています。
そのくらい需要が高くなっている状況があるのは確かで、資格を取得してキャリアアップを目指したい技術者も、CADの免許を生かして就職したいと考えている未経験者も多くなりました。
その状況を鑑みて、気軽に受講可能なEラーニングによってCADを学べるサービスが提供されるようになり、人気を集めるようになっています。

Eラーニングとはそもそも何か

CADをEラーニングで学べるといっても魅力がよくわからない人もいるでしょう。
Eラーニングとはそもそも何かを理解しないとどんなメリットがあるのかを完全に把握することはできません。
Eラーニングとは広い意味で言えば情報技術を使って学習をする方法のことですが、一般的にはインターネットを使ったシステムにより学習をする方法を指します。
Eラーニングにも色々な形態があり、オンラインで講師によるセミナーを視聴する、オンラインテキストを読む、システム上に用意されている課題を解く、ビデオ通話システムで質疑応答によって疑問を解決するなどといったものが典型例です。
学習の進度を確認するための試験を受けて採点してもらい、講評を受けるといったこともできます。

Eラーニングはインターネット環境があれば気軽に利用できるのがメリットで、リモートワークをしている従業員に自宅から受講させることも、オフィスで働いている人に各自のデスクから学ばせることもできます。
スマートフォンやタブレットに対応しているEラーニングなら移動中であっても受講して学ぶことが可能です。
特にビデオによって講義を受けられる仕組みの場合にはモバイル端末を利用しても快適に受講できるでしょう。

CADのEラーニングにおすすめのサービスを紹介

実際にCADのEラーニングとしてどのようなサービスが提供されているのでしょうか。
数ある講座の中でもおすすめの三つを紹介するので、どれが自分にとってベストかを考えて申し込んでみましょう。

法人向け Fusion 360 CADセミナー

おすすめのセミナーとしてまず挙げられるのが法人向け Fusion 360 CADセミナーです。
このセミナーは法人向けに会場受講、ウェビナー受講、Eラーニング受講の三つから選べる仕組みで提供されています。
Fusion 360をソフトウェアとして用いていて、基本的な2次元及び3次元のモデリングの仕方からデータの管理方法、アニメーション作成などを広く学べる仕組みになっているのが特徴です。
社内研修での利用が想定されていて現場での運用における実践性を重視した内容に仕上げられています。
Eラーニングは120日間の視聴期間があるので、じっくりと腰を据えて学びたい人に向いているでしょう。

法人向け Fusion 360 CADセミナーのEラーニングを受けるためには受講費用として100,000円が必要になります。
会場受講、ウェビナー受講についても同じ金額になっていて、一人あたりの費用になっています。
なお、受講前にFusion 360を体験版でも構わないのでインストールしておく必要がある点に注意しましょう。

実践的に学べるSOLIDWORKSセミナー

次に候補としておすすめなのが実践的に学べるSOLIDWORKSセミナーです。
ライブウェビナーとEラーニングから選択することができ、それぞれについてベーシックコース、アドバンスコース、この二つを合わせたマスターコースを用意しています。
ステップアップをしながら学ぶことができるのが魅力で、Eラーニングでは120日間視聴可能、合計の時間が8時間30分になっています。
SOLIDWORKSによるCADの実践的スキルを習得できる仕組みになっていて、特に3次元CADに力を注いでいるのが特徴です。
初心者にもわかりやすいように設計されているので独学で学ぶ人にとっても魅力が大きいセミナーでしょう。

実践的に学べるSOLIDWORKSセミナーのEラーニングの受講にはベーシックコース、アドバンスコースのどちらでも25,000円の受講料が必要です。
マスターコースを選ぶと48,000円で少し安くなります。
このセミナーの場合にはライブウェビナーの場合にはそれぞれ35,000円、68,000円なのでEラーニングを選ぶことで安上がりになるのが特徴です。
Eラーニングの受講前にはSOLIDWORKSをインストールしておくことを忘れないようにしましょう。

AutoCAD基礎セミナー

AutoCAD基礎セミナーもCADの講座としておすすめで、特に資格取得を目指している人に向いています。
Autodesk公式のAutoCADを使うセミナーで、会場受講、ライブウェビナー受講、Eラーニング受講から選択可能です。
AutoCAD基礎セミナーも120日間、何度でも自由に講義を視聴することができるので、自分のペースで学ぶのに適しています。
内容は2次元CADに主眼が置かれているのが特徴で、幅広い業種に対応できるように基礎的な内容だけが盛り込まれているセミナーです。
AutoCADの資格試験対策にもなることから、資格を取って転職したいという人にも向いています。

AutoCAD基礎セミナーではEラーニングにしては珍しく製本されたテキストの提供も行っています。
Eラーニングの受講の際には清本テキストとPDFテキストのどちらかを選ぶことが可能です。
製本版では25,000円、PDF版では20,000が受講料金で、会場受講やライブウェビナー受講の28,000円よりも安上がりになっています。
Eラーニングの受講の際には自分でAutoCADをインストールしておくことが必要です。

CADはEラーニングで学ぼう

教育や研修に関するオンラインサービスが充実してきたお陰で、CADを学ぶときにもEラーニングを利用できるようになっています。
自宅でもリモートワーク中でも気軽に受講できるのでCADを学びたいときには積極的に活用しましょう。
資格取得を視野に入れたセミナーや実践力を高める講座が設けられているので、目的に合わせて選ぶのが大切です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG