3DCADと3Dプリンターでビニール傘用オリジナルモチーフを作ってみた!

キャド研

『ビニール傘を3本以上持っている人いますか?』

あ、はい私です。

知ってました?ビニール傘を複数本持っていたり、雨の予報なのに傘を持って出かけないという人は計画性がなく適当なところがあるらしいですよ。

あったっているので何もいえませんがそうらしいです。

こんにちは斉藤です。

 

3DCADで作る傘モチーフ(アンブレラマーカー)

これから本格的な梅雨に入っていきますが皆さんはどのような傘を使っていますか?
折りたたみですか?おしゃれなデザイン傘?それともビニール傘でしょうか?

じつは日本の年間洋傘の年間消費量は1億3,000万本そのうち8,000万本がビニール傘なんです!
すんごい数ですね!(そのうちの1000本くらいは私が買ってます)

ビニール傘と言えばコンビニや百均で売られていて急な雨の時なんか本当に助かるのですが、その手軽さゆえいつの間にかビニール傘ばかり持ち歩いている・・・という方も多いのではないでしょうか?

外出先の傘立てがビニール傘だらけで自分のがどれかわからなくなることありませんか?
サイズや色が違えばまだ分かりますが白だとほとんどわからなかったりします。

そこで今回はFusion360と3Dプリンターを使い自分の傘が一目でわかるようなアンブレラマーカーを作ってみたいと思います!

モチーフは僕の大好きなカエルにしました。

ちょうどいいことにガチャガチャで入手したカエルのフィギュアがあったのでこれを参考にしたいと思いましたが3分で諦めました・・・

3DCADの前のスケッチ

そんなわけでとりあえずカエルっぽいものをいっぱい描きました。

3DCAD 傘モチーフ

(ふぁんしー)

3DCAD 傘モチーフかえる

キタコレ!

この絵をもとにアンブレラマーカーを作っていきたいと思います、どんなふうになるかはこの時点ではわかっていません。(計画性の無さ1)

Fusion360で3DCADモデリングする

さっそくFusion360でモデリングしていきましょう。

スマホで写真を撮った画像をFusionに取り込みます。
読み込んだ画像の大きさを調整します(今回カエルの幅は50mmくらいにします)

傘モチーフ3DCAD画面

ここからはフォームのクワッドボールを使っていきます。まずは頭・目をモデリングしていきます。

3DCAD 傘モチーフ

今回はあえて対照にぜずイラストの雰囲気を残しました。

3DCAD 傘モチーフ

頭と目ができたらフォームから抜けて3つのボディを結合し、つなぎ目にフィレットを入れておきます。

3DCAD 傘モチーフ

次に目・鼻・口をスケッチしていきます。

3DCAD 傘モチーフ

スケッチしたラインをサーフェスに投影しパイプコマンドで彫り込んでいきます。

3DCAD 傘モチーフ

鼻のところはボディを分割してオフセットとフィレットで整えます。

3DCAD 傘モチーフ

だんだん形になってきました!

3DCAD 傘モチーフ

色をつけて3DCADの仕上げをする

3DCAD 傘モチーフ

今回傘の持ち手のところにつけるのでノギスで持ち手の外径を計測します。
17mm~20mmのテーパーがかかっていましたので重なるところを20mmの円で切り取ります。

3DCAD 傘モチーフ

カエルのセンターに持ち手の断面のスケッチ、側面に持ち手の中心線、末端部にも断面のスケッチを描いておきます。

3DCAD 傘モチーフ

3DCAD 傘モチーフ

ロフトと押し出しを使って傘の持ちてをモデリングしてます。

3DCAD 傘モチーフ

3DCAD 傘モチーフ

今回はカエルの取り付けは髪留めゴムを通して固定することにしましたのでゴムの通り穴を作成します。

3DCAD 傘モチーフ

先ほどのスケッチに楕円をスケッチしパイプコマンドで穴を開けておきます。

3DCAD 傘モチーフ

エッジにはフィレットを入れておきます。

3DCAD 傘モチーフ

モデリング完了! キモカワー!

STLデータの書き出し

STLデータを書き出してスライサーソフトに読み込みます。

3DCAD 傘モチーフ

ちなみに書き出すときのファイル名を「ケロリーヌ」にしましたので以下ケロリーヌとします。

作品を3Dプリンターで出力

それではこのケロリーヌを3Dプリンターで出力し製品にして行きたいと思います。

3DCAD 傘モチーフ

まずプリントする向きを調整してサポートの設定をします。

3DCAD 傘モチーフ

3Dプリンター出力設定が終わったら3Dプリントをしていきます。

3Dプリント

ケロリーヌ誕生まであと1時間!

3Dプリント

こんな感じでケロリーヌの3Dプリントが終わりました!

3Dプリント後の仕上げ作業

3Dプリント

サポート剤をペンチで外して行きます。

塗装の時の持ち手がないのでヒートンを刺して持ち右手を作りました・・・(計画性の無さ2)
ヤスリがけが終わったら下地を吹いておきます。

3DCAD 傘モチーフ

Fusion360でイメージした色に塗装してみます。(すみません夢中になって塗装工程の写真を撮り忘れました)
まずは下地を吹きけた後に黄緑色をエアブラシで吹き付けます。

3DCAD 傘モチーフ

目とかはアクリル絵具を筆塗りしました・・・

3DCAD 傘モチーフ

仕上げにクリアーを吹いておきます。

3DCAD 傘モチーフ

3DCAD 傘モチーフ

あとはゴムを通して留め具を通して結んでおきます。

3DCAD 傘モチーフ

3DCAD 傘モチーフ

紐を結んで器具を取り付けます。
これで傘のモチーフ、通称ケロリーヌは完成です!

傘モチーフの完成

それでは実際に傘に取り付けてみます!

3DCAD 傘モチーフ

こんな感じで傘の手持ちの部分に結び付けられます。

3DCAD 傘モチーフ

ほら!これでビニール傘が遠くにあってもバッチリわかっちゃう!
これならコンビニでゴチャってなっていても一眼で自分の傘がみつけられますね!

3DCAD 傘モチーフ

3DCAD 傘モチーフ

傘をさしている時も目立ちます!

いかがでしたでしょうか?

今回は簡単なイラストから3DCADのFusion360と3Dプリンターを使ってアンブレラマーカーを作成してみました。

3DCAD 傘モチーフ

終始私の計画性のなさが随所に光る内容になりましたが最後は帳尻を合わせるという離れ技もご覧頂けたと思い自分でもよくやったなーと思います。

それでは皆様、これからの季節体調に充分気をつけてお過ごしくださいね!

斉藤でした。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG