facebook

3D Printing Corporation、イギリスの3Dプリント後加工機メーカーAdditive Manufacturing Technologiesの日本総代理店契約を締結へ!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日は、株式会社3D Printing CorporationとAdditive Manufacturing Technologies社のアジア発の代理店契約に関するtopicsです。

3Dプリント技術を活用した製造インフラを提供する株式会社3D Printing Corporationは、イギリスの3Dプリント後加工機メーカーであるAdditive Manufacturing Technologies(以下、AMT)と日本総代理店契約を締結しました。
これはアジア初の代理店契約となり、この契約により、3D Printing Corporation社はAMT社の後加工機「PostPro3D」を用いた後加工受託サービスとPostPro3Dの機器販売を開始します。

AMT社について

AMTはイギリスのシェフィールドに本拠を置く後加工機メーカーです。AMTの技術は、材料科学、化学、ハードウェアエンジニアリング、ロボティクス、そして機械学習を交えて開発されています。
安全で経済的で持続可能な工業化されたアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションを提供することで、従来の製造業に代わる現実的で実行可能な代替案の提供を目指しています。

会社HP:https://amtechnologies.com/

3D Printing Corporationについて

3Dプリントは試作技術から製造技術に成長しています。3D Printing Corporationは、3Dプリント技術を活用した製造インフラ「SE3D FACTORY(シード・ファクトリー)」を始めとして、3Dプリントにかかわる様々なプロダクトを提供することで、日本国内の新しいサプライチェーンの構築をしています。
日本の製造業へのサポートとして、コンサルティング、お客様に適した3Dプリンターの選定、3Dプリント専用の設計「DFAM™(ディーファム)」支援・代行、アフターサポートなどの総合的なソリューションを提供しています。

会社HP:https://www.3dpc.co.jp/

AMT社と日本総代理店契約を締結において

3Dプリンティングは製造技術として、試作品に留まらず、治工具、エンドユースパーツの造形に活用されています。
3Dプリンターで造形したパーツは、外観や手触りの決定要因となる表面粗さや塗装性を重視する場合には、3Dプリント品特有の表面のざらつきを処理する必要があります。また、後加工の工程は、費用対効果が高く、安全で持続可能な方法で自動化させることが不可欠です。
3D Printing Corporation社は、日本の製造業へ3Dプリント品の後加工ソリューションを提供するため、AMT社と日本総代理店契約を締結しました。
横浜工場では「SE3D FACTORY」という、3Dプリント技術を活用した新しい製造インフラが稼働しています。様々なパーツ・製品の設計段階から、製造(3Dプリント)・品質管理・後加工までの一連の能力を備えているプロダクトで、PostPro3Dは、この後加工の工程で使用されます。
PostPro3Dの機器販売に加え、部品の精密さと正確性が重視される自動車産業や航空宇宙産業などを中心に、日本の製造業へ後加工受託サービスも提供します。お客様が自社で3Dプリントしたパーツの後加工の受託、もしくは、ご希望に合わせて、後加工に設計・3Dプリント・品質管理の工程を合わせたサービスが提供可能です。

後加工機「PostPro3D」について

「PostPro3D」は、3Dプリンターで製作した熱可塑性樹脂のパーツの表面処理をする後加工機です。特許出願中の技術により、表面処理されたパーツは、Ra(表面粗さ)1μm未満で寸法にほとんど変化なく、射出成形に匹敵する表面品質を得られ、エンドユースパーツなどとして利用が可能です。また、防水性、気密性、塗装性、機械特性などを向上させることができます。
AMT社は80種以上の熱可塑性樹脂を試験しており、PostPro3Dはパウダーベッド方式および熱溶解積層(FFF)方式で造形された、熱可塑性樹脂パーツの表面処理を幅広く行うことができます。表面処理を行うチャンバーは、410 x 610 x 400mmと大きく、大ロットで複数のパーツを一度に処理できます。

PostPro3Dの製品詳細:https://dddjapan.com/products/amt-postpro3d

仕様

チャンバー寸法(幅 x 奥行 x 高さ):410 x 610 x 400 mm
キャニスター容積:15,400㎤
チャンバー標準温度:最大70°C
外形寸法(幅 x 奥行 x 高さ):1,826 x 1,388 x 1,380 mm
重量:1,000 kg
電源:400V 50Hz
対応材料:ポリアミド(ナイロン6、11、12)、難燃性ナイロン、炭素繊維やガラス繊維を含むナイロン、ULTEM、PMMA、TPU、TPE等
対応造形方式:FFF方式、パウダーベッド方式(レーザー焼結方式、HP MultiJet Fusion方式、高速焼結方式等)

処理前のパーツ(左)とPostPro3Dで表面処理後のパーツ(右)

後加工機「PostPro3D」を用いた後加工受託サービスと機器販売を開始した、3D Printing Corporationの新たなソリューションに注目です!

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG