facebook

EXTRABOLD社、独自開発の新型ヘッドを搭載した可搬性の高い大型3Dプリンター最新機を発表!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、EXTRABOLD社の大型3DプリンターEXFシリーズの最新型「EXF-12」をご紹介します。

EXTRABOLD社は開発している大型3DプリンターEXFシリーズの最新型「EXF-12」を発表しました。
樹脂ペレットを使用可能なFFF(熱融解積層)方式のヘッドを独自開発し造形物を短時間出力、短期の製品開発に貢献します。今後はリサイクル材やバイオプラスチックの採用も視野にアップデートを進めていく方針です。

 

「EXF-12」詳細

EXF-12は前機種「EXF-10」でも掲げたコンセプト「一般的な樹脂ペレットを使用した低コストの大型造形」と「コンテナによる可搬性」は踏襲しつつ、日常においては、実部品、試作品を問わず、自動車や建築資材、家具などをはじめとする大物パーツの造形をメインターゲットとし、非常時においては、被災地や避難所などの近くに移設し、身の回りに必要な家具や日用品などの造形が迅速に行える「モビリティタイプの大型3Dプリンター」として開発しました。

「一般的な樹脂ペレットを使用した低コストの大型造形」

樹脂ペレットを使用可能なFFF(熱融解積層)方式のプリントヘッドを2つ備えたデュアルヘッドを独自開発、スクリューの大型化に取り組む事で前回よりも吐出量を大きく安定して出力する事が可能になりました。
2~10mm径ノズルにより、15kg/h(換算値)の吐出量を達成し、想定素材は、エラストマー / PP / PLA / ABS / PCABS 汎用プラスチック対象になります。
また、造形可能なサイズは前機種よりさらに大きく1700×1300×1020mmです。

「コンテナによる可搬性」

国内鉄道輸送等では一般的な12ftコンテナに設置する条件で設計を行っており、陸路/航路問わず輸送が可能になります。

「様々な大型造形プロジェクトの実務経験を踏まえた設計」

以下の設計を実現しました。

・最大80℃の安定した温度調整可能なビルドエリア
・造形物の取り外しが簡易になるバキュームを備えたビルドプレート
・各種センサーによる出力状況のフィードバック
・遠隔操作機能
・ヘッドへの樹脂ペレット搬送経路の改善による詰まり防止

工作機器メーカーと協業

工作機器メーカーと協業する事で機器としての精度を追求し、出力する庫内を一つのチャンバーとして囲う事で温度管理の向上を図り、より安定した樹脂の吐出を可能にしました。また、細かなユーザビリティを考えたアップデートを行っています。
今後は協力頂ける材料メーカーを募り、リサイクル材やバイオプラスチック、機能性樹脂等の吐出にも取り組んで行きます。

EXF-12の特性を活かしたプロジェクト

「阪大フェイスシールドプロジェクト」

大阪大学大学院 医学系研究科 次世代内視鏡治療学共同研究講座(プロジェクトENGINE)の中島特任教授による3DプリントフェイスシールドプロジェクトにEXTRABOLDは賛同し、協力しています。
今回、EXF-12の広い造形エリアを活用して40個のフェイスシールドのフレームを1時間で出力しました。仮にフル稼働した場合、一日200~300個の程度の造形が可能です。

被災地で使用できる「災害時仮設モジュール」

EXTRABOLDは、緊急時に地域の避難所等に提供する事を想定した仮設用モジュールを制作しました。
ベッド・椅子・ベンチ等、緊急時に必要な生活環境の機能一式への変形能力を備えており、組み合わせ次第ではテーブルなども対応可能です。

 

非常/日常問わず必要な大型造形物を迅速に提供可能にする、EXTRABOLD社の大型3Dプリンター「EXF-12」に注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG