AutoCAD Raster Design ツールセットで紙図面をCADデータにしよう!

キャド研

皆さんどのように現状お過ごしでしょうか?
在宅ワークが増えていく中で、「既存の紙図面のCADデータ化」についてのご相談が増えてきましたので、便利なツールをご紹介します。

それは「AutoCAD Raster Design ツールセット」です。

AutoCAD Raster Design ツールセットとは

AutoCAD のサブスクリプションユーザーが追加費用なしで使えるアドオン機能です。
スキャンした紙の図面、航空写真、数値標高モデル(DEM)などのラスターデータを AutoCADで使用できるデータ(ベクター)に変換します。これによって、AutoCADで配置設定、編集、分析、変換した結果を書き出すことができます。

ラスターデータとベクターデータとは

ラスターデータは、ドット(ピクセル)でイメージを表現します。このタイプのデータは、用紙上の図面や写真をスキャンした場合に生成されます。

ベクターデータは、線分、円弧などの AutoCAD オブジェクトを生成する幾何学的な数式表現します。
一般的に、ベクターデータは、正確な幾何学的図形を定義する点で構成されます。AutoCADで作成するオブジェクトはこのデータ形式で保存されます。

Raster Design-ラスターデータとベクターデータ

対応ファイル形式

対応ファイル形式は以下の通りです。

読み書き可能

  • ビットマップ(BMP)
  • DEM
  • JPG2000
  • PNG
  • TIFF
  • CALS
  • GeoTIFF
  • JFIF – JPEG
  • PCX
  • TARGA

読み込み専用

  • DOQ
  • ECW
  • FLIC
  • GeoSPOT
  • IG4
  • Landsat FAST L7A
  • PICT
  • RLC
  • RLC2
  • DTED
  • ESRI Grid
  • GIF
  • NITF
  • QuickBird TIFF
  • SID (MrSID)

Raster Design ツールセットの画面説明

Raster Design ツールセットをインストールするとAutoCADに[ラスター ツール]タブが追加され、Raster Designの機能が使用できるようになります。

Raster Design-1

[ラスター ツール]タブに切り替えるとこの様なパネルとコマンドが表示されます。

Raster Design-2

Raster Design ツールセットの基本的な使い方

スキャンした図面(ラスターデータ)を利用して、ベクターデータに修正していきます。
まずは、[挿入と書き出し]-[挿入]でスキャンした図面を挿入します。

Raster Design-基本的な使い方

画像を選択すると[挿入ウィザード]が立ち上がります。回転角度や尺度を調整して、挿入できます。

Raster Design-挿入ウィザード1

[挿入ウィザード]を完了すると画像が挿入されます。

Raster Design-挿入ウィザード2

次に、以下の様にスキャンで発生した斑点を取り除きます。

Raster Design-斑点を取り除く

[編集]-[補正]-[斑点除去]を使います。

Raster Design-斑点除去

除去する斑点サイズを指定すると斑点が削除され、きれいになります。

Raster Design-斑点が削除される

[文字認識とベクトル変換]パネルのコマンドを使うとベクターデータ(CADデータ)変換できます。

Raster Design-文字認識とベクトル変換

例えば、[プリミティブ]-[長方形]で長方形をなぞり、Enterキーで確定するとベクターデータ(CADデータ)に変換されます。

Raster Design-長方形をなぞる1
Raster Design-長方形をなぞる2

CADデータに変換されているので、これ以降は通常のコマンドで編集できます。
[パラメトリック]タブで[幾何拘束]や[寸法拘束]を使用するとより簡単に調整が可能です。

Raster Design-パラメトリック

AutoCAD Raster Design ツールセットで紙図面をCADデータにしよう! まとめ

この様にRaster Design ツールセットを使うことで、画像などのラスターデータをベクターデータ(CADデータ)に簡単に変換でき、今後に活用できます。
また、下記に記載しているように、対応可能なラスターデータの形式も豊富ですので、在宅ワークのうちに既存の紙図面のCADデータ化し、今後の業務効率化の準備をしてはいかがでしょうか?

Raster Design ツールセットは「AutoCAD 業種別ツールセット」に含まれていますので、「AutoCAD」またはAutoCAD が含まれるコレクション製品「Product Design & Manufacturing Collection」、「Architecture, Engineering & Construction Collection」のいずれかのライセンスが必要となります。

導入のご相談など、ご不明点がございましたら、下記のページからお問い合わせください。
https://licensecounter.jp/autodesk/

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG