SharingFACTORY、製造現場における新しい事業<加工サービス>を開始!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、製造業企業間シェアリングサービスに新たに追加された<加工サービス>をご紹介します。

工場設備機器のシェアリングサービスを提供する、株式会社Sharing FACTORYは、これまでの、工場設備のレンタルや売買をサイト上で行うシェアリング事業に加え、<技術のシェアリング>という新しいカテゴリーを立ち上げ、製造部品の<加工サービス>を開始しました。
「加工先を探している企業」と「加工を引き受けたい企業」のマッチング、さらに、シェアリングファクトリーがコストや納期、品質までを管理するサービスとなっています。

https://mc.sharingfactory.co.jp

サービス開発の背景

シェアリングファクトリーの既存サービスにより培った企業間ネットワークは500社以上です。その中で、製造現場での「加工先を探している」「加工を引き受けたい」という、2つのニーズを発掘しました。これらの要望を<加工サービス>で解決しようというのが、新しいサービスに至った背景です。
すでに、運用開始からトライアルケースも含め、一定量の実績を検証できたことで正式にリリースし、そのサービス概要と特徴が公開されました。

サービスの特徴

モノのシェアリングから、さらに発展

シェアリングというCtoC取引では表面化しない、新たな現場のニーズをいち早くキャッチできたことが、<加工サービス>にフォーカスするきっかけでした。
他の企業でも、WEB上で見積もりから図面をデジタル化、受注企業間をマッチングするサービスは存在します。
シェアリングファクトリーの<加工サービス>では、マッチングにとどまらず「図面に対する提案や品質に担保する」ことが大きな特徴です。
つまり、<モノのシェアリング>から<技術のシェアリング>へと発展した、まったく新しいカテゴリーといえます。

企業間の所有から共有へ、受注体制をシステム化

「工場による得意不得意」「難易度の高い技術」「コストの変動」「突発的な受注の依頼先」などの問題を解決する仕組みを構築したのが、シェアリングファクトリーの<加工サービス>です。
強みは、シェアリングファクトリーが有する<受発注案件の最適化>をコントロールする機能です。
シェアリングサービスで培ったネットワークからなる、高度な加工技術を有する職人の<技術のシェアリング>と<加工資材の調達ルートのシェアリング>の活用で、あらゆる条件に対応します。

短納期と高品質を実現する加工体制

ただ単に、発注企業と加工業者を仲介するのではなく、相談を受けた企業のニーズに応じた「納期」「コスト」「品質」などに、シェアリングファクトリーが直接関与します。
例えば、クライアントのニーズをシェアリグファクトリー技術担当がヒアリングを行い、加工技術を有する企業と連携し、最適な受注フローを構築します。コストや品質コントロールにおいても、社内の製品加工チームが司令塔となり解決に導きます。
このようなシステムにより、「短納期と高品質を実現する加工体制」が実現し、さまざまなケースで幅広い技術を活用することが可能になりました。

 

<モノ>と<技術>のシェアリングで、より柔軟に幅広く、クライアント企業のお困りごとを解決に導くサービスへと展開する、シェアリングファクトリー社の<加工サービス>に注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG