CADオペレーターってどんな職業?概要から種類、知識まで徹底解説!

キャド研

CADオペレーターは、様々な分野で必要とされている職種のひとつです。
しかし、具体的にどんな仕事内容なのか、働く職場にはどんな業界があるのか分からない方もいるでしょう。
そこでこの記事では、CADオペレーターについて詳しく説明していきます。
また、CADオペレーターになるためには、何が必要なのかも合わせて紹介していきます。

CADオペレーターとはどんな仕事?

CADオペレーターとは

CADオペレーターのCADとは「Computer Aided Design」の略です。
CADオペレーターの仕事は様々なツールを使用して設計者やデザイナーが考えたり作ったりしたものを、パソコンを使って図面や3Dデータなどで具現化して作成していきます。
また、CADを使う業界は様々あるため、CADオペレーターの仕事は多くの分野で必要とされている職種と言えるでしょう。
設計者とCADオペレーターは似ている部分がありますが、設計者とはその名の通り設計が主な仕事で、CADオペレーターはその設計を元に正確な図面として作り上げていくため、それぞれに明確な役割があります。

CADオペレーターの仕事内容

CADオペレーターの仕事内容は、大きく分けると3つになります。
それぞれ一つずつご紹介していきます。

設計図の作成をする

まず設計者やデザイナーが作った図面を、VectorWorksやAutoCAD、Jw-cadなど、CAD専用のソフトを使って正確な図面を作成していきます。
実際のデータとして作るなら、設計のミスがないようにかなり正確な図面作りが要求されます。
CADで作った図面に何かミスがあると、製作した製品にも問題が発生してしまって不良品になる恐れがあるためです。

製図データの修正をする

CADで製図のデータを作成したら、何度も見直しをして細かい修正を行います。
実際にデータ化すると、細かい部分で不具合が見付かる可能性があり、データが完成するまでには何度も修正をしないといけません。
また、製図データが完成しても製品の製造段階で仕様が変わる場合があり、その都度にデータを変更しなければいけなくなります。

製図データの管理や複製を行う

製図データが完成した後も、そのデータをしっかりと管理する必要があります。
何故なら、データを間違って無くしたり破損したりするとまた最初から作り直さないといけなくなるからです。
しかもデータは複数の人が閲覧するので、製図データを複製して管理を行います。
またデータを新たに修正したら、複製した製図データをすべて最新の物に変更しなければいけません。
そのためCADオペレーターの仕事はデータを作成するだけでなく、その管理も同時にする必要があります。

CADオペレーターが活躍する現場はどんな業界?

CADは様々な設計図をデータ化して管理をしやすくするだけでなく、3Dモデルなど立体的に表現できるメリットがあります。そのため、様々な製造業などでCADオペレーターが活躍しています。

建設業界

建設業界のCADオペレーター

建設関係では、設計者が考えた案をCADを使ってデータ作成していきます。
例えばビルや道路をはじめ、様々な建築物に対して図面を描いていきます。
建設業界ではCADでの図面作成が欠かせないため、CADオペレーターは必要不可欠な存在です。

インテリア業界

インテリア業界では、インテリアデザイナーなどが設計した内装などを、CADを使って図面にしていくのが基本的な仕事です。
ただし、働く事務所にもよりますが、インテリアコーディネーターがお客様と打ち合わせをしながら自分で図面を作成する場合と、インテリアを専門としたCADオペレーターが作成する場合の2種類があります。
大きな会社であればそれぞれの仕事内容が明確に分かれていますが、小規模の会社だと複数の仕事を同時にしていることもあります。

福祉業界

福祉業界では、障害者や高齢者向けに住宅をバリアフリーにしたり、福祉施設の図面を描いたりします。
通常の建設業界でも福祉関係の設計を行っている場合がありますが、介護や福祉になると専門の知識が必要なので、福祉関係専門のCADオペレーターが活躍していることもあります。

自動車や航空などの業界

CADオペレーターが作る飛行機

自動車や航空業界など、機器や製品等の図面を3Dモデル化して立体化していきます。
こういった図面は構造が複雑になり、かなりの精度のCAD設計が要求される業界です。
精密機械だと部品も相当な数になり、高機能なCADが使われることが多くなるため、CADオペレーターとしてはかなりの技術を求められます。

CADオペレーターになるためには何が必要?

CADオペレーターを募集している企業は、最低でもCADに関するソフトを使えるのが条件です。
未経験者でも募集をしている場合がありますが、その会社が使う主要ソフトの操作ができないといけません。
また、持っていた方が良い資格は、CAD資格の中でも知名度が高く転職などでもアピールしやすい「CAD利用技術者試験」があります。

特に建築業界や機械製造で仕事をする上で持っていると転職に有利になる資格と言えるでしょう。
また、「建築CAD検定試験」は建築系に特化している資格で、建築系の設計をしたい人におすすめです。
他にも、CADソフトの開発元であるVectorworksが主催している「Vectorworks操作技能認定試験」があります。
この認定試験はインテリアに関係したCADソフトのため、インテリアのCAD設計に関わりたい人に向いています。
CADオペレーターは業界によって使用するソフトが違い、求められるスキルにも幅があります。
自分がどんな業界でCADオペレーターになりたいのかを決めて、その業界に必要なCADの知識や資格を習得するのが良いでしょう。
CADオペレーターはものづくりにおいて必要不可欠な職種なので、しっかりとしたスキルを身につけておけば、転職で有利になるだけでなく今後も安定して働くことができます。

CADオペレーターについてまとめ

CADオペレーターは専門的な知識が必要で、技術がまったくない場合は転職は難しいかもしれません。
しかし、資格取得の勉強やソフトの扱い方をマスターすれば採用される可能性は十分にあります。
また未経験なら資格取得だけでなく、実際にソフトを使って作品のような物を作ればアピールの材料にもなり、採用側の興味を引くこともできます。
作品作りで楽しくCADオペレーターへの道を磨くことができるのもCADオペレーターの魅力の一つですね。

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CADオペレーターってどんな職業?概要から種類、知識まで徹底解説!
最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG