3Dデータによる部品調達のデジタル革命「meviy」切削プレートにおける表面処理バリエーションの拡大へ!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日は、3Dデータのみで機械加工品が調達できるオンデマンドサービス「meviy(メヴィー)」に関するtopicsです。

株式会社ミスミグループ本社は、3Dデータのみで機械加工品が調達できるオンデマンドサービス「meviy」の切削プレートにおける表面処理のバリエーションを拡大し、2020年3月6日より「黒アルマイト(つや消し)」の取り扱いを開始しました。

黒アルマイト(つや消し)は、光の反射を抑えることから光学機器の部品に使用する表面処理として需要が高く、以前より表面処理に関する顧客要望の3分の1を占めていました。
極めて高い難易度の処理技術を要しますが、安定した品質での提供を実現したことにより、バリエーション拡大を決定しました。

(左から)黒アルマイト(つや消し)、黒アルマイトを 表面処理した部品  光沢に違いが出る
光学機器に組み込まれる部品に多く用いられる (上記濃い箇所がつや消し)

meviyとは

3DCADの設計データを専用サイト上にアップロードするだけで、AIが即時見積もりを算出、最短1日での出荷を実現した、ものづくりのための革新的な部品調達サービスです。
生産設備・装置に使用する FAメカニカル部品(板金・切削プレート)から金型部品、試作品まで幅広く対応、見積もりなどの属人的な作業によりこれまで通常数週間かかっていた部品調達プロセスを90%以上削減します。

黒アルマイトについて

アルミ材は軽量・安価な為、切削プレート部品でも人気の素材です。一方で湿気に弱く腐食しやすいため、使用環境や用途によっては表面処理を行い、性質を強化する必要があります。
「アルマイト」とは、アルミ材で使用される代表的な表面処理です。耐食性、硬度、耐摩耗性の向上、電気絶縁性を付与し、陽極酸化処理という名前でも呼ばれています。
meviyの切削プレートサービスでは、この「アルマイト」に対応、周辺部品の色にあわせ「白アルマイト」(無色)と「黒アルマイト」から選択できます。

「つや消し」について

表面処理を行う以前に微細な凹凸を付けることで、光沢をなくす加工です。光の性質を利用し測定などを行う光学機器では、この反射率の低いつや消しの黒アルマイトを表面処理した部品が多く用いられます。更に、経年劣化した場合にも見た目の変化が少ないことや、光沢がないことで落ち着いた印象に仕上がることから、美観を保ちたい部分にも使用されることが特徴です。
今回、この「黒アルマイト(つや消し)」を追加、対応領域を拡大することで多くの部品を一括発注できる調達サービスとしての利便性を高めました。

切削プレート 追加表面処理の詳細

・商品名:黒アルマイト(つや消し)
・対応材質:A2017、A5052、A6061、A7075
・サイズ:縦 10mm~600mm 横 10mm~400mm 高さ 5mm~70mm
・納期:A2017、A5052、A7075標準 8 日目出荷/A6061標準 11日目出荷
・利用シーン:精密光学機器周辺や美観を保ちたい部品を含む生産設備・装置
・つや消し効果:
①表面を凹凸にすることで反射率を下げる
②表面に凹凸(微細な傷)があるため経年劣化した場合にも見た目の変化が少ない
③光沢がないため落ち着いた印象に仕上がる(美観性)

詳細:https://meviy.misumi-ec.com/fa/correspond_mpb/

表面処理に関する顧客要望の3分の1を占める、黒アルマイト(つや消し)処理の対応が可能となった、「meviy」に注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG