アイソメ図の基本!アイソメ図の説明から作図方法まで徹底解説

キャド研

建築や配管の分野においてよく使われているアイソメ図。
正確な寸法のまま図面を立体的に表現できるので、とても便利な表現方法です。
この記事では、アイソメ図の説明からアイソメ図の作図方法までをご紹介していきます。

アイソメ図とは?

建築や配管の分野では「アイソメ図」という言葉が一般的に使用されていますが、そもそもアイソメ図とはどんな図なのでしょうか。
まずはアイソメ図とは何なのか、ご説明していきます。

アイソメ図は立体を斜めから見た図のこと!

アイソメ図とはアイソメトリック図の略で、立体を斜め上から見た図を表示する、等角投影図と呼ばれる立体の表現方法です。
アイソメ図では、立体のX,Y,Z 軸がそれぞれ120°間隔に見える、等しい角度で立体を投影します。
それぞれの軸が等しい間隔で見えるように投影し、各辺の寸法を実寸で狂いのないように描くので、寸法を伝えやすく実際の大きさをイメージしやすいメリットがあります。

アイソメ図はどんな分野で使われる?

アイソメ図は、建築用の図面や配管図をわかりやすくする為によく使用されますが、建築図面用と配管図用では使われる目的に少し違いがあります。

建築用アイソメ図の場合

建築の分野では、図面だけでは表現しきれない奥行きや高さといった三次元の数値を入力するためにアイソメ図が用いられます。
立体的な物を制作する分野では、平面図や立面・断面図だけでは高さ・幅・奥行きといった全ての寸法を表現することができません。
無理に全ての寸法を1枚の図面上で表現しようとすると、情報量が多すぎる図面になってしまい、ごちゃごちゃの見にくいものとなってしまいます。
そこでアイソメ図を使うことによって、図面を視覚的にわかりやすい立体として表現することができます。
また、アイソメ図を使うことで正確な寸法を表示することができるので、実際にアイソメ図にスケールをあてて寸法をあたることができます。

配管図用アイソメ図の場合

配管の分野ではアイソメ図を使うことによって、複雑な配管ルートを視覚的にわかりやすく表現することができます。
配管は、上がり下がりなどの勾配がついたり、ダクトがたくさん集中していたりと、複雑な配管図となっている場合があります。
そんな時にアイソメ図を利用することで、立体的に配管ルートを表示することができ、施工のイメージがしやすくなるメリットがあります。

このように、アイソメ図を使う理由は分野によって様々ですが、共通しているのはアイソメ図を使うことによって立体を視覚的にわかりやすく表現することができるという点です。
この立体的なわかりやすさが、アイソメ図を使う最大のメリットだと言えます。

アクソメとの違い

よく耳にする言葉の中でアイソメ図と似ているものに、「アクソメ図」があります。
アクソメ図とはアクソノメトリックの略で、平面図をあらかじめ傾けておいてから高さ方向の寸法を与えたものです。
アクソメ図では、X,Y,Z軸同士のどこか一箇所が、二次元表現の時に直角の状態になっています。
平面図をそのまま立体にしたような図なので難易度は低く、寸法も当たれるというメリットがあります。

アイソメ図の例

先述したように、建築や機械制作用と配管図面用とでは、アイソメ図を用いる目的が異なります。
さらに、そもそもの図面の書き方も大きく異なるため、それぞれの分野ではアイソメ図の書き方にも違いがあります。
そこで、建築や機械製作用のアイソメ図と、配管図面用のアイソメ図の違いについてご説明していきます。

建築や機械製作用のアイソメ図


簡単に言うと、上のイラストのような図が建築の分野で用いられるアイソメ図です。
物体を斜め上から見ることで高さ関係の情報が入ってきますので、立体的に物体の形状を把握することができます。
こうして立体的に作図することで、形状がわかりやすくなるだけでなく納まりなどが把握しやすくなるので、施工ミスを防ぐことができます。
このイラストでは建物外観のアイソメになっていますが、建築の分野では室内をアイソメ図にすることが多いです。
これは、室内の複雑な納まりを現場向けにわかりやすくしたり、施主への説明用としてわかりやすい見た目にするために使われます。

配管図のアイソメ図

配管用のアイソメ図を簡易的に表したのが上の図です。
アイソメ図を使うと奥行や高さ関係がわかりやすくなるので、配管の状況を視覚的にわかりやすく表示することができます。
縦方向の配管の重なりがわかりやすいので、実務では配管が一か所に集中していたり、複雑に走っている場合にアイソメ図が使われることが多いです。

アイソメ図の作図方法

それでは次に、実際にアイソメ図を書く方法についてご紹介していきます。
この記事では建築や機械製作のアイソメに使える、平面図をアイソメに起こしていく書き方について解説していきます。

手描きで簡単にアイソメ図を書く方法

  1. 平面図でいう直角部分が120°になるように作図する

    アイソメ図は立体のX,Y,Z 軸がそれぞれ120度間隔に見える角度で作図しますので、平面図の直角部分が120°になるように作図をします。
    注意しなければいけないのは、アイソメ図はパースではないため消失点が存在しません。
    したがって遠近法は適用されませんので、120°間隔の線は平行になるように作図をしましょう。
  2. 高さ方向の寸法を記入する

    床面の作図ができたら、次は高さ方向の線を記入していきます。
    この線は水平線と直角に立ち上げていきます。
  3. 立ち上げた線どうしを繋げて仕上げる

    立ち上げた線どうしを繋いでいきます。
    この繋ぐ線も床の線と水平になるようにして、ひずんでしまわないように注意しましょう。
    最後に、手前にある立体で隠れてしまう奥の線を消して仕上げます。いかがでしょうか。
    パースなどに比べればだいぶ簡単に感じるのではないでしょうか。
    それもそのはずで、パースのように消失点が無いため、規則的に平行な線を引いていくだけで簡単に立体の図が書けます。
    また、現場やお客さんの前でさっとアイソメ図を書きたい場合は、あらかじめ120°間隔のグリッドを引いておくと簡単にその場で作図できるので、おすすめです。

AutoCADでアイソメ図を作図する方法

次はAutoCADのアイソメ作図機能を使ってアイソメ図を作図していく方法をご紹介します。
先ほどの手描きの方法の中でグリッドの話をしましたが、AutoCADには120°間隔のグリッドを表示してくれる機能があります。
その機能を使うことで、アイソメ図を書くのが格段に簡単になります。
方法は簡単で、

  • 作図補助設定コマンドを実行する

  • 「スナップとグリッド」タブを選択して「グリッドスナップ」を「アイソメスナップ」に変更し、「グリッドオン」の項目にチェックを入れる

  • ステータスバーのカスタマイズボタンを選んで、メニューの「アイソメ作図」にチェックを入れる
    アイソメ作図には3種類あるので、目的に合わせたものを選ぶ

以上の方法で、アイソメ図のグリッドを表示させることができます。
このグリッドを下地にしながら、手描きの作図方法と同じ要領で作図していけば比較的簡単にアイソメ図を作図できます。

アイソメ図とは?まとめ

ここまで、アイソメ図の説明や、手描きやAutoCADでアイソメ図を書く方法についてご紹介してきました。
アイソメ図は、平面を一目で立体的に理解することができ、施工ミスを防いだり施主などへの説明に使えたりするので、現場ではとても重宝される技術です。
皆さんも、この記事でアイソメ図について理解を深めて、ぜひアイソメ図を使えるようにしてみてはいかがでしょうか。

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG