ファナック製ロボドリル向け振動モニタリングシステム新発売へ!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、ファナック製小型切削加工機 ロボドリル向け振動モニタリングシステムをご紹介します。

リコーインダストリアルソリューションズ株式会社は、ファナック製小型切削加工機 ロボドリル(以下、ロボドリル)向け振動モニタリングシステムを12月24日に発売しました。
本システムは、独自開発の振動センサーと専用コントローラを用い、これまで詳細に把握できなかった刃物の摩耗状態や加工状態を可視化します。これにより加工品質の低下を防ぎ、安定した設備稼働に貢献します。

振動モニタリングシステム製品紹介ページ:https://industry.ricoh.com/vibration-monitoring-system

振動モニタリングシステム
センサー取付イメージ

振動モニタリングシステムの主な特長

1.10Hz~96KHzまでの広い周波数帯域で、多種類の異常振動をリアルタイムで検出可能

これまでの振動モニタリングシステムは、検知できる周波数が10KHz以下と低いものが主流で、検出可能な異常振動の範囲が限定的でした。
本システムは、周波数帯域が10Hz~96KHzまでと広域であるため、これまで検出が難しかった、より多種類の加工時の異常振動を検出できます。
また、振動をスペクトログラムにすることで正常時との違いを分かりやすく表示します。

工具摩耗による異常振動の検出例
工具取付け不備時の異常振動の検出例

2.状態を確認したい工具の切削区間を指定し、加工ごとに比較

ファナック製CNCと連携し、モニタリングしたい加工プログラム中の区間を指定することで、自動的にその区間のデータを取得できます。特定の加工ごとに振動データを並べて比較して、加工状態の異常を把握することができます。

加工回数ごとの比較

3. 独自開発のAIアルゴリズムが正常時と異常時の違いを自動識別

リコー独自開発のAIアルゴリズムが、機器・工具の正常時と異常時の振動パワーの変化をスコアリング(数値化)し、分かりやすく表示します。数値が設定した閾値を超えた場合、画面にアラートを表示したりCNCへ通知を送信し、ユーザーが異常の発生をいち早く把握することができるため、予防保全による生産コストの適正化に貢献します。

異常振動の数値化

機器・工具の状態や加工状態を可視化することで機器の予防保全や製造現場の効率的な現場改善を実現する「ファナック製小型切削加工機 ロボドリル向け振動モニタリングシステム」に注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG