BIMとは?BIMの意味や類似語との違いなどを徹底解説!

キャド研

社会のIT化が進む中で、建築業界でもBIMの導入が進んでいます。
BIMは設計から施工までを合理的に進めることのできる画期的なソフトですが、まだ業界全体に浸透しているとは言い難いです。
この記事では、そんな未来を担うソフトであるBIMについてBIMを使った実例や3DCADとの違いについて解説していきます。

BIMって何?

BIMとは「Building Information Modeling」の略で、情報を持った3Dモデルを一つ作ることで、平面図や立面図、断面図など複数の図面が自動生成されるだけでなく、設計から施工までのワークフローに情報を活用できるシステムのことです。
BIMは平面図から作るのではなく、それぞれが高さや幅などの情報を持った建材パーツや建具などを3Dモデルとして組み立てていきます。
これらのパーツには寸法値のデータだけでなく、施工方法や施工時間、積算に必要な材料のデータまでもが盛り込まれています。
こうしたパーツを組み合わせて出来上がった3Dモデルには、設計データから施工方法、施工期間、積算情報までが集約されているので、設計から施工までの全てのデータを一つのモデルから取得することができます。
つまり、一つの3Dモデリングによって建築のワークフロー全ての情報を集約できるということが、BIMの最大の特徴にして最大のメリットになります。

BIMと3DCADの違い

BIMが建築のワークフローにおいて画期的で重要な役目を担うことが分かったところで、同じように3Dモデリングを行う3DCADと何が違うのかを解説していきます。

 3DCADとは?

3DCADではまず2Dの図面を作成し、それに3次元の情報を入力することで3Dモデリングを行います。
この方法では部材そのものには形状や位置のデータしか入っていないので、完成した3Dモデルには表面的な形状や視覚的な情報しか入っていません。
3DCADで制作した3Dモデリングは形状や外観の情報のみのモデルとなっており、中身が空っぽの形だけの図面となってしまいます。
また、2Dから3Dへのモデリングの流れがあるので、3DCADを修正をする場合は2Dの図面を直してもう一度3Dモデリングする必要があり、作業にとても時間がかかってしまいます。
3DCADでのモデリングには2DCADとの往復が必要になりますので、場合によっては非常に煩わしい作業が多くなってしまいます。

BIMを使うことのメリット

従来の3DCADなどを使った設計業務のフローに対して、BIMを使うことのメリットは主に3つあります。

・設計から施工まで一括管理できる

BIMを使うことでワークフローにおける全ての情報を一つのデータに集約できるので、設計から施工までの一括管理がしやすくなります。
これによって積算や施工管理などの関係部署と連携がしやすくなり、施工ミスも減らすことができます。
また、施工段階において建物形状が特殊で施工難度が高い場合、あらあじめBIMに集約された施工データと現場の状況を比べながら正しい施工方法をとっていくことができるメリットがあります。

・積算や環境シミュレーションなどを設計初期段階に行える

従来の設計手法では、図面をひいてから関係部署にできた図面を流し、積算や構造計算、環境シミュレーションなどを行う流れが一般的でした。
しかしBIMを使用することによって、設計段階で3Dモデルを制作すると同時にそれらのシミュレーションを行うことができます。
設計段階で同時にシミュレーションができれば合理的な設計につながり、さらにはシミュレーションの結果を設計に反映する作業も効率的に行うことができます。

・視覚的にわかりやすい

BIMでは3Dでモデルを用いて設計を行うので、建築細部までわかりやすく可視化され、施主や現場への説明にも役立ちます。
さらに、従来では施主や現場に説明するときは平面図や断面図、展開図などいくつもの図面を見せながらでないと詳細な説明ができなかったのに対して、BIMの3Dモデルには設備や材料などのデータも反映されているので、説明やイメージの共有がしやすくなります。

BIMを活用した実例

BIMについてわかってきたところで、BIMが実際に利用されている例を見てみましょう。

名古屋城天守閣木造復元プロジェクト:株式会社 竹中工務店

何かと話題に上がった名古屋城天守閣木造復元プロジェクトですが、実は設計施工を請け負う竹中工務店はBIMを活用してプロジェクトを進めています。
名古屋城の木造復元という難解なプロジェクトは、タイトなスケジュール感に加え、設計と調査を同時に進めて随時木材の発注を行うという独特なプロジェクト進行であったため、BIMを活用して膨大で複雑なデータを一元管理することで恐ろしく複雑なプロジェクトを進行させていきました。
また、調査によるデータの集約・反映や、局面屋根の再現も、BIMによる恩恵を大きく受けています。

三栄建設鉄鋼事業本部新事務所:株式会社 竹中工務店

こちらもBIMの活用に定評のある竹中工務店による設計施工なのですが、こちらの建物では、傾いた壁や斜めに切り欠いたファサードを作るためにBIMが活用されています。
斜めの鉄骨や壁を表現するには2Dの平面図や断面図だけでは限界があるため、3Dモデリングを行うことで施主への説明をより分かりやすいものにしました。
また、斜めの部材は施工の場面でも障害が多く難しいため、BIMにあらかじめ集約された詳細な施工データを基に、段階的に実際の施工状況と比べながら作業を行うという極めて合理的で正確な方法をとることができています。

BIMとは?まとめ

ここまでBIMの概要から、3DCADとの違い、BIMを使用した事例までを解説してきました。
BIMは従来の3DCADなどを使用した設計とは違い、合理的な設計や施工までのワークフローを明確にしてくれる、とても便利なものです。
建築業界では現在、このBIM導入の動きが相次いでおり、未来の建築現場を支えるシステムとして高い注目を浴びています。
皆さんも、これを機にBIMの導入について検討してみてはいかがでしょうか。

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG