テクダイヤ、より精密な3Dプリンティングを可能にするヘッドノズルを開発!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、テクダイヤ株式会社が開発した、より精密な3Dプリンター用ヘッドノズルをご紹介します。

テクダイヤ株式会社は、3Dプリンター用ヘッドノズルを開発し、従来のヘッドに比べ、先端の内径が小さいディスペンサーノズルを使用することで、より精密な3Dプリンティングが可能になりました。

従来品との比較

FDM方式の3Dプリンターでは、材料の吐出口となるヘッドと呼ばれる先端部品にノズルを使用します。3Dプリンターはそのままに、ヘッドの切り替えで従来品よりも精度の高い造形を実現します。

3Dプリンター用ヘッドノズル開発の背景

ノズルの先端内径は小径になるほど精巧なプリントが可能ですが、使用する材料が詰まる問題から業界では先端内径200μmが最小径とされています。しかし、先端内径200μmのヘッドでは造形物の精度に限界がありました。そこでテクダイヤでは先端内径150μmの3Dプリンター用ヘッドノズルを開発し、熱伝導率の高い真鍮を使用し、テクダイヤ製ディスペンサーノズルの特長である中心ズレのない小径穴あけや、内部に段差のないテーパー形状の適用が今回の開発成功のカギとなりました。

テクダイヤのディスペンサーノズルについて

小径穴あけを得意とするテクダイヤは、最小内径30μmまでのディスペンサーノズルをラインナップしており、バイオマテリアルプリンティングなど、精度と品質を重視する再生医療業界でも採用されています。
ディスペンサーノズルの専門家として、材料や用途に合わせたテクダイヤならではのソリューションを提供します。

テクダイヤ社の先端の内径が小さいディスペンサーノズルを使用した3Dプリンター用ヘッドノズルに注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG